柳井正の名言|一足飛びの成功はありえない

このエントリーをはてなブックマークに追加

一足飛びの成功はありえない。毎日、少しずつ前進していけば、いつか成果を収めることはできる。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業の成功の7割は営業で決まります。ただし、営業に奇策はありません。

いまお客様が何を望んでいるのか。それをつかむにはユーザーの身近にいることが大切です。大学や研究機関との共同研究、そして先進メーカーとの共同開発など、現在さまざまなプロジェクトが世界各地で進んでいます。

企業の商品開発力や販売企画力の問題もあるでしょう。ただし、こと営業においては、倍の成績をあげようと思ったとき、一番簡単なのは訪問先を倍にすることです。分母を多くすればいいのです。実はできない営業マンに一日のスケジュールを聞くと、かなり余裕を持たせている人が多いのです。こういうタイプは空間管理を考えていないケースが多い。訪問先を近場に集中させたり、効率的な移動ルートを考えさせれば、倍は無理でも1.5倍くらいには増やすことができるものなのです。

信用は一朝一夕で得られるものではありません。「小さな約束を守る」「相手を信じる」といった積み重ねで、少しずつ得ていきましょう。

時間があれば現場に行って社員と話し、夜は一杯飲むようにしています。社員の人となりを知って、同時に自分のこともわかってもらう。これがいい風土づくりの第一歩。それには社長が雲の上の人ではダメなのです。

不景気だから値下げしたほうがいいんじゃないかと言われますね。ただ、周りが安くしたから、自分たちも安くする。それで一瞬お客さんが入ったとしても、いまみたいには絶対にならないよって言ってるんですよ。商売されてる方は、すぐ値段のことを仰いますけど、本当はね、値段ありきじゃないんですよ。値段の前に、感情があるわけだから。

私の経験では、新入社員研修で最初にきちっと礼儀礼節を教え込むと、簡単に辞めないんです。ところが最初にぬるま湯のような研修しかしていないと、現実を知ったとたん、「話が違う」と言ってすぐに辞めてしまう。

ページの先頭へ