孫正義の名言|目標にある程度の目処がついたら、それを遥かに超える目標を立てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標にある程度の目処がついたら、それを遥かに超える目標を立てる。さすれば再度興奮で武者震いしてくる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーは会社のトップとしてではなく、人間として尊敬されなくてはならない。それには普段の言動が重要です。部下が挨拶しても知らんぷりでは、「なんやこの人」と思われてしまいます。

今回の事故は、出発したばかりの前途ある我々にとって、将来に対する刺激であり、示唆でもある。将来の発展のためには、むしろ幸いであったと考え、決して意気阻喪(そそう)することのないよう、従業員とともに頑張ってほしい。
【覚書き|三洋電機初の製品に不具合が見つかったとき、製造部門の責任者に言った言葉】

弊社の発祥の地であり、現在地元の皆様とともに街の再生に取り組んでいる日本橋では、人の人格や品位を「粋(イキ)」と表現します。野暮じゃ駄目だと。粋には見た目がいいということだけでなく、人間としての規範意識、人生や仕事に対するこだわりや誇り、周囲への思いやり、文化、教養などが含まれます。

効率という言葉はあまり好きではありません。効率よりも、価値を認めてもらうことが大切。

成功者を目指すなら、物欲は絶対に持つべきもの。無欲を美化して、欲を持つのは下品だと考える人がいますが、それは間違い。現実社会においては、どうしても欲しいモノがある人のほうが、最後の最後まで頑張り抜ける。

どれだけ気を付けていてもトラブルに巻き込まれることはある。

「旅行とエンターテイメントはともに平和産業で、「楽しむもの」「喜ぶもの」「感動するもの」という点で共通している。自分が楽しいと思えるコンテンツを提供して人を喜ばせる、これが私のモチベーションになる。

ページの先頭へ