松本晃の名言|いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くある

このエントリーをはてなブックマークに追加

いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くあります。そのために積極的にアプローチすることもありますし、講演会に行くこともあります。


松本晃(経営者) の経歴

松本晃、まつもと・あきら。日本の経営者。カルビー会長兼CEO(最高経営責任者)。京都出身。京都大学大学院農学部修士課程修了後、伊藤忠商事に入社。産業機器・自動車・港湾機器などの輸出ビジネスに携わる。その後、伊藤忠子会社のセンチュリーメディカル取締役営業本部長、ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル社長・最高顧問などを経てカルビー会長兼CEOに就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

前社長の方針を踏襲すると言えば波風を立てないで済むかもしれませんが、これからの企業はそれでは生き残れません。

悩みを抱えやすい人とそうでない人を比較したとき、決定的に違うのは、「どうにもならないこと」に出会ったときの反応です。悩みを抱えにくい人の場合、素早く頭を切り替え、次にやることを考えようとします。悩みを抱えやすい人の場合は、頭を切り替えられずにクヨクヨとそのことを考え続けてしまいます。考えたとてどうにもならないことを考えるので、さらに悩みの迷宮に入り込んでしまうのです。

いままでの日本の教育は、表面現象にとらわれてきたのではないでしょうか。そうじゃなくて、もっと本質論でやるべきだと僕は思います。

ビジネスは攻めが大事。早く決めれば間違っても修正できる。

私は根本的に古くならないものが経営理念だと思っています。確かに言葉の上では古くなりますが、創業者がその時に置かれている立場で発した言葉は、根源的なものだと思うのです。

好きなことなら常にワクワクできます。それが実行と継続のパワーになる。

私は昔、「飛び込み営業はしない」という項目を「しないことリスト」に書きました。大企業では新人教育を兼ねてやらせますが、明らかに効率が悪い。何かを思い切って切り捨て、本来の目標に向かって効率的に進める手段に重点的に力を注ぐのです。

ページの先頭へ