安藤文男の名言|「商い」はお客様あってのこと

「商い」はお客様あってのこと。お客様から「美味しかった」と言ってもらえたり、感謝の言葉を言ってもらえることが商いの基本として大事なこと。

安藤文男 の経歴

安藤文男、あんどう・ふみお。日本の経営者。「アイエックス・ナレッジ」社長。神奈川県出身。関東学院大学経済学部卒業後、アイエックスに入社。同社取締役、米国駐在、常務取締役、副社長、社長、アイエックス・ナレッジ副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は就任当初から「銀行は特別な産業ではない。普通の会社になろう」と呼びかけ、「サービス業としての自覚を持とう」と強調しました。公的資金は国民から頂いているため、日本の皆様すべてが株主と考えて経営を実践しようと常に考えています。

全力でいろいろ試してみることが大切。無駄かどうかは、やってみないと判断できない。全部やってうまくやれたものだけを残そうという考え方をするといい。

ECサイトの成功には、コンセプト、コンテンツ、マーチャンダイジング、サービス、機能を有機的に組み合わせることが必要です。今回のサイトシステムもまだ完成ではなく、新たな機能も追加していきます。

ミスや顧客からのクレームは、業務改善につながる大事な情報資源である。スタッフの失敗から組織が学び、失敗しにくい業務プロセスに改善するチャンスがある。

インターネットは情報源としては優れていますが、社会や人間というものを長い時間軸で考えるにはやはり本の方が優れています。

母はとても教育熱心で「能力ある人間は自らを磨き、世のため、人のために働かなくてはいけない」とよく言っていました。特に長男の私には、その思いを強く持っていたようでした。母自身もその生き方を実践していました。

私の元にはお客様の意見がすべて来ます。毎月膨大な量になりますが、私は全部に目を通しています。これらの意見を社内でエンジニアなどと共有しています。私の感覚で言えば、お客様と製品を改良しているイメージです。

会議資料やメールなどでちゃんとした文章を考える時間がなかったら、思いきって箇条書き中心でポイントだけまとめる。図表なども、プレゼンテーションソフトを使ってきれいにつくらなくてもいい。会議当日にホワイトボードにササッと手描きしても、言いたいことは十分伝わりますよね。「こうしなければいけない」と思い込んでいるだけで、じつは品質を落としても問題がない場面は結構あるはずです。

社員のスキルアップは、当然企業側にとっても重要な課題ですが、そこで鍵となるのがまさにキャリアパスの提示です。どんなステップを踏んでいけば、成長できるかがはっきりしている会社は、社員のモチベーションが総じて高い。キャリアアップは、ある面で社員と会社の共同の作業です。お互いに意識、目的を共有することは大事なポイントでしょう。

従来の規制が想定しない新技術を迅速に試験導入できる規制の「サンドボックス」を設けます。現行法の規制を一時的に止めて新技術を実証できる仕組みで、まず国家戦略特区において自動走行やドローンの実証実験を迅速に集中して行えるようにします。特区に限らず、参加者と期間を限定して「まずはやってみる」ことを可能にするプロジェクト単位でのサンドボックスも創設します。

ページの先頭へ