大川隆法の名言|不況のせいで潰れる会社というのは、本当は一社もない

不況のせいで潰れる会社というのは、本当は一社もないのです。不況のときこそ、経営能力が試されるのです。その意味で、「会社が潰れるときは、やはり内部に事情があり、特に経営者に問題がある」とういことを知っていただきたい。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者になった頃は30年後に、会社あるいは従業員の人が安心して仕事できるような会社にしたいと思っていましたが、いまや10年先もだんだん分からなくなってきました。でも2~3年では、なかなか会社を変えられない。10年前に考えたことを、そのまま達成することはまずありません。それでも目標達成にはいま、何が欠けているのかということを常に見つけ出していくことが必要だと思います。そうした文化をきちっと会社の中に作ることが非常に大事なのです。

永山治の名言|いま何が欠けているのかということを常に見つけ出していくことが必要


優秀な人たちが何人か集まれば、世界を変えていける。昔は大きな組織でなくては世界を変えられませんでしたが、今や誰にでも成功できる可能性はある。

孫泰蔵の名言|優秀な人たちが何人か集まれば、世界を変えていける


個人の成果、目先の成果の最大化の寄せ集めが、会社全体の成果の最大化にはつながりません。例えば成果主義を導入して社内に競争原理を働かせると、社員は自分1人だけが成果を得ようと思って、知識やノウハウを囲い込んでしまい、ほかの社員たちに行き渡らなくなります。結果的に会社全体としての知識やスキルのばらつきが大きくなってしまうのです。

吉田耕作の名言|個人の成果、目先の成果の最大化の寄せ集めが、会社全体の成果の最大化にはつながらない


いま大変な思いをしている人は、投げ出したり、逃げたくなったりすることもきっとあるでしょう。でも、自分がやりきったと思えるまでは、踏みとどまることも必要だと思うのです。たとえそのときは成功しなくても、逃げずにやりきったという経験があれば、また挑戦する自信もきっと湧いてくるはずです。

落合務の名言|自分がやりきったと思うまでは踏みとどまることが必要


経費を可能な限り細かく分けることも大事なポイントだ。決算書を見ていると、ほかの経費項目より「雑費」の方が多い場合がよくある。経営の実態を良くつかむためには、膨らんだ経費の項目を細分化することが必要である。すでにある項目についても可能なものは分ける。光熱費の項目があれば、それをガス代、燃料代、電気代、水道代といった具合に分けていく。こうすることによって、どの部分を削減しなければならないのかを可視化することができる。

森田直行の名言・格言|経費を可能な限り細かく分け、無駄な経費を探す


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ