大川隆法の名言|不況のせいで潰れる会社というのは、本当は一社もない

このエントリーをはてなブックマークに追加

不況のせいで潰れる会社というのは、本当は一社もないのです。不況のときこそ、経営能力が試されるのです。その意味で、「会社が潰れるときは、やはり内部に事情があり、特に経営者に問題がある」とういことを知っていただきたい。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの場合、会議の目的は意見を出し合って皆が納得して共有できる結論を導き出すことです。しかし、ときとして「やる」という意思決定をしているのだから、やるためにはどうしたらいいか、どうやればベストかを議論してくださいという会議を方向付けするケースが出てきます。

日々心がけてほしいのが「原価を知る」こと。たとえば私は最近、外食チェーン店の餃子の原価がひとつ5円程度だと知ったのですが、そう考えれば1皿200円の餃子すら高く思えて「家で作ろうか」という発想になります。その商品の原価がどのくらいかを知ると、自然と節約する気持ちが芽生えますし、贅沢をする際の本当の価値もわかるのです。

当社の強みは、とことん広告投資の費用対効果にこだわっている点。テレビや雑誌などでは費用対効果が明確にならない場合もありますが、ネット広告ははっきりと明示することができます。広告配信が実際の商品購入にどれだけ繋がったかといったことも解析でき、費用対効果の高い広告配信が可能になる。

日本は東京に一極集中していますが、もっと地方に元気になってほしいと思っています。当社には外線工事の資材置き場などに使っていた土地が全国にある。この遊休地を使った高齢者住宅支援事業も考えています。地元企業と連携し、地方にビジネスを生み出したい。

リスク覚悟で相手をとことん信じ、任せてみる。たやすいことではないですが、現地社員にしてみれば、自分の力で達成できたという成功体験になり、何ものにも勝る活力と帰属意識につながります。

ある企業のCS推進室でロイヤルカスタマーの顧客データを調査したところ、その大半がかつてクレームを上げたことのあるお客様でした。その理由はクレームの際にしっかり対応しフォローできたことで、お客様から信頼を寄せられるようになったからです。つまり、クレーム客は経営を支えてくれる金の卵なのです。

クレラップは発売以来50年を超えましたが、以前としてキャッシュ・カウ(お金の雌牛=安定的な収益を生むビジネス)として活躍してくれています。こうした製品が稼ぐキャッシュを投資に回して、数十年に1度でも「命ある素材(特性や機能が優れていてあとになって様々な用途が出てくる素材)」をつくりだすこと。それがクレハの勝ち残る唯一の道であると肝に銘じています。

ページの先頭へ