大川隆法の名言|自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくるよう心がけることも、「帝王学」の重要な部分。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下に効率よく仕事をしてもらうにはどうしたらいいのか。それは、「仕事の目的」「できあがりのイメージ」「到達するゴール」の三点を的確に伝えることです。この三点さえ押さえておけば、部下のアウトプットが自分のイメージから大きくズレることはありません。

私は、リーマンショック後の「モノづくりこそ日本経済の生命線」論に違和感を覚えます。むしろいまこそカネづくりとモノづくりを連携させ、頭打ちの現状を打破する道を探るべきでしょう。モノづくりの枠内だけで戦略を立てても、市場の縮小は乗り切れません。カネづくりによるサポートを得ることで戦略はグンと広がるはずです。

悪口を聞くときはあいづちを打たず、視線はそらし気味に。話が尻すぼみになったところで、新しくできたお店の話など、話し手が興味を持ちそうな話題を提供しましょう。イヤな雰囲気になることなく流れを変えられます。

走り続けるためには、勉強を続けることも大切。考えてみると私は、ずっと勉強してきました。勉強しないと乗り切れないことが、次から次へと起きたからです。

正社員化を進めた結果、社員の平均年齢が大幅に下がりました。今は大きな成果ができないかもしれませんが、いずれは力を発揮する場面が増えていくと思います。また、非正規社員はいろいろな経験を積んできた人が多いので、正社員になって長く働けば、組織に新たな視点をもたらしてくれます。

いまはお金があれば幸せになれるかというと、そういう時代ではないし、いい大学に入って、いい会社に就職すれば安泰なのかといったら、決してそんなこともない。だからこそ、どういう暮らしをしたいのか、何が幸せなのかということをしっかり考え直す時期なのかなと。

制度やルールはどちらかというとダメな人を救う仕組みです。優秀な人は堅苦しくなってしまう。僕たちはトップで走る人に合わせます。

ページの先頭へ