大川隆法の名言|自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくる

自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくるよう心がけることも、「帝王学」の重要な部分。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しい組み合わせをいかに作るかがイノベーション。

これまでの和歌山工場では生産の3割ほどしかまかなえず、7割をアウトソーシングしていました。しかし、今後、このままでは企業としての成長はおぼつかないと考えました。お客様は新しい技術の素早い提供を求めています。生産の7割を外注しているようでは、それに応えられません。技術の伝承・蓄積ができず、開発のスピードも落ちてしまうからです。

仕事は与えられるものではなく、自分で生み出した方が、仮にもっと忙しくなったとしても楽しく働ける。

私のように外からやってきた者の方が、内部にいた人よりも、従来の仕組みを大胆に変えられるという利点があります。

もちろんオフに何をするかは人それぞれでよいと思いますが、純粋な好奇心を大切にしてほしい。給料を稼ぐためとか、家族を養うためにやらなくてはいけない、というものではなく、自分が本当に何を食べたいとか、こういう人と話してみたいとか、自分をわくわくさせてくれる純粋な気持ちです。そんな好奇心が湧きあがってくるものは何だろうと改めて自分に問うてみる。そして、それがわかったら実際に行動してみる。そしてそれを味わったり楽しんだり失敗したりすることが、持って生まれた自分自身の固有の資質を磨く原動力になるのではないかと思いますね。

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。

今年度から「連邦経営」に変えた。これまでは本社で戦略や予算を考え、地域の本部に渡していたが、お客様により近いところでニーズを受け止めるため、全国の16の本部に予算や人事の権限を与えた。

最新理論も大切。でもまずは、経営学の歴史に残る理論を学んだ方がいい。主な概念を知ると、仕事における経験を整理することができる。

プライベートブランドはファブレスでやるのも、メーカーと組んでやるのもいいですし、いろいろなパターンがあり得るでしょう。ただ、色が違うだけだとか、同等機種がメーカー品でも出ているようでは意味がありません。やるなら特徴があり、なおかつ価格競争力のあるものを見定めていく必要があります。

HISのスタッフで外国人の占める割合は高いです。国籍や年齢で人を評価するような固定観念にとらわれていては、優れた人材を確保、育成することはできません。まず、人を平等に見ることが必要だと思います。

ページの先頭へ