大川隆法の名言|挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である

このエントリーをはてなブックマークに追加

挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これからは「ちょっと普通とは違うけど、突出した何かを持っている人」を活かす会社でなくては生き残れない。

経済の効率を上げようと思えば公平な競争をしなければいけません。公平な競争の中から、良いもの、強いもの、安いものがつくられるわけです。

常日頃から部下たちにお題を与えておくこと、彼らの提案を信じてときには大胆に動いてみることが大切です。

プロセスはいろいろあっていい。それを見つけること、考えることが大切であり、人から教わっても身につくものではありません。

仕事量が多いと思っているときでも、「この間の仕事、良かったよ!」の褒め言葉一つで、俄然、元気が出て、スイスイ進むようになることがありますよね。つまり、成果を出すための最も重要なポイントは、自分の「気」の状態だということです。

トップの本気を社員にどれだけ感じてもらえるかも重要。

プレゼンはシンプルに。不要な要素を取り除き、本当に必要なメッセージを絞り込む作業は大変ですが、得られる効果は絶大です。

ページの先頭へ