大川隆法の名言|挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である

挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

業務の改善を進めるとき、いきなり大きな変化を起こすのは大変ですから、コツコツと小さな変化を積み重ねていくことが大事です。私はこれを、「小変の積み重ね」と言っています。

松沢幸一の名言|業務改善を進めるときのコツ


自分を正しくして、その後で人を教えるのであれば、どうして従わない人がいるであろうか。

吉田松陰の名言|まず自分を正しくすることが大切


当社は市場も現場も9割が海外なので、ともかく海外に行ってみないことには話になりません。そこで、大卒社員の場合、入社4年目までに必ず全員が海外に行く機会を持てるようにしています。

柳弘之の名言|社員全員が必ず海外を経験する制度を


新人採用にあたって、うちの会社では、なるべく秀才第一主義を避けて、いざというときに不屈の精神力と忍耐力と粘りを発揮できる者を選ぶことにしている。そうなると、どうしてもスポーツマンだ。私はあまり小さいことにはこだわらない性分だが、これは中学時代からやったスポーツのせいだと思っている。

松尾静磨の名言|スポーツマンを優先して採用する理由


私もトイレの清掃についてはうるさく言いました。下駄もきちんとそろえるように指導してきました。トイレ清掃以外にも、「机が曲がっていると心も曲がる」などと、社内の机の並びについても結構厳しく言いました。細かいと思われるかもしれませんが、いい企業文化をつくり、そして定着させるには、そういった日常のことから始めなければなりません。これらは小さなことですが、このようなことができない会社はやはりダメになっていくような気がします。

伊藤謙介の名言|いい企業文化を定着させるには日常のことから始める


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ