大川隆法の名言|挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である

このエントリーをはてなブックマークに追加

挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「買収されるよりも、買収する立場になるようみんなで努力しよう」と、私は常々、役員や社員に言っています。

私は日本語、エストニア語、ロシア語、ドイツ語、英語と5か国語を話せるのですが、それは新しい単語や言い方を覚えると、すぐに使ってみたくなる「新し物好き」の性格のおかげかもしれません。日本に来た当初も「こんにちは」や「ありがとう」の次に、兄弟子から「もうちょっと安くなりませんか?」を教わって、ちゃんこの買い出しに行くとすぐに使っていました。スーパーのレジの人は困ったと思いますけど(笑)。

自分の文章を客観的に見るには、一晩寝かせるのが有効。朝、理性的な状態で読んで、文章のテンションが高すぎると感じたり、ピンとこない案だったら、迷わずやり直しましょう。パソコン上だけでなく、プリントアウトして客観的に見るのも手ですね。

詳細なマニュアルに頼るより、基本中の基本である経営理念をきちんと理解させ、それに基づいて各人が自分で判断できるようにするほうがよいのです。ですから、朝礼で経営理念を唱和することなど、特別なことではまったくありません。

顧客本位にとことん徹しています。「ある程度満足してもらえればそれでよし」なんて絶対ダメ。お客さまの喜ぶ顔を見たいから、私をはじめスタッフ全員が常に全力投球です。

日本人の住生活が豊かになるなら、たとえイケアに負けても構いません。日本の消費者を豊かにすること。これが、我々の会社が存在する目的です。目的が達成するなら、うちがつぶれてもいいと思っています。
【覚書き|イケアはスウェーデン発祥の世界的家具チェーン】

部下だけではなく、お得意先からも意見をもらいました。相手に存分に話してもらうと、「よく問いてくれた」と溜飲を下げられる方もいる。聞く努力は本当にプラスになります。

経営統合は、2軒の古い家をつないで増改築するのではなく、新しい設計図のもとでまったく新しい家を建てるというコンセプトに基づいて準備をしています。
【覚書き|三共と第一製薬の経営統合について語った言葉】

当社は現在、北米のシステム業界では40位くらいの規模です。これでは、大手の顧客から声がかからない。技術力の問題ではなく、顧客がまずドアを叩いてくれるかどうかの問題。それはブランド力や認知度の有無に大きく左右されます。

病院はどこでもいいのではなく、的確な治療をしてくれる医師と出会わなくてはいけない。

ページの先頭へ