大川隆法の名言|挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である

挑戦、忍耐、精進の絶えざる繰り返しが経営である。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営を預かる者は、仕事がたとえなくても、社内を沈滞させないように考えなくてはいかん。それができるかどうかが、経営者としての分かれ道。

文法にこだわるあまり、人前で話せなくなるのは日本人の悪い癖。前置詞や三人称単数現在の「s」などの細かい部分は後から勉強すればいいのです。

会社は色んな部署が集まって仕事をしています。この道一筋の人は会社の経営を客観的に見ることができないので業務が進化しません。

私が常に意識するのは、読者の絶対数よりも「質」です。ここでいう「質」とは、購買力と購買意欲を持った読者のことです。つまり、そうした読者を束ねることで、広告主からも雑誌の媒体力を評価され、市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌になれるのです。

部下のモチベーションを高めるには、部下が達成感を得られるようにサポートすることが大切です。

人と会うときには、「自らに課題を設定する」ことをお勧めします。目の前の人を漫然と見ているだけでは、興味の湧きようがありません。「この人の素敵なところを5つ見つけよう」などと目標を設定すると、俄然、集中力が増し、楽しくなってくるものです。

あなたの夢と目標を教えてください。そう聞かれて、即座に応えられる日本人はどれほどいるのだろうか?「夢」と「目標」はまったく別物だと私は考えている。目標とは、具体的な計画に基づいて、自分の実生活の羅針盤として必要なもの。一方、夢とは、たとえ具現性が乏しいとしても、思い描くだけで心が満たされるものだと思う。活力にあふれた人生を送るためには、夢と目標の両方が必要だ。どちらかひとつが欠けても人生もったいない。

闇雲に自己投資をしても、求められる人材にはなれません。大切なのは、自分自身が商品であるととらえた場合、他の会社ではどのポイントが評価されるのかを考えることです。

もしかしたら「本気で取り組めるものがない」と悩んでいる人がいるかもしれません。でも、本気というものは対象が先にあって出てくるものではなく、何かに取り組んでみて初めて、自分の内から湧き出てくるものではないでしょうか。

どんな長期出張でも、荷物は機内持ち込みが可能なコンパクトサイズにまとめるのが大原則です。手荷物受け取り時間のムダがなくなり、ロストバゲージ(荷物の紛失・遅延)の心配もありません。発展途上国になればなるほど、待ち時間は長くなり、紛失リスクが高まるのが現実です。ここでイライラしてしまっては、ストレスは溜まる一方。手荷物だけならストレスなくさっと空港を出ることができます。

現実に目を向けると、自分が身を置く小さな世界で専門性を磨くうちに、ともすれば視野狭窄に陥り、本来持っていたはずのクリエイティビリティも失ってしまう人が非常に多いわけですね。僕らがやりたいのは、まずそんな人たちに理念や情熱を思い出してもらうこと。実際、途上国ですさまじいまでの熱意を持ったリーダーと仕事をすると、どんな人でもスパークします。

医師が患者に対する場合のように専門知識レベルが違う相手に向かうと、つい上から目線で一方的な高圧的発言をしがちです。ところがそれだと、聞き手の方からアイデアが出てこなくなります。社員を仲間にしてフレンドリーな言い方をして、そこから発想を得た方が得です。

「なぜ支出の見直しが必要か」ということを、子供にもきちんと話しましょう。同時に、どんな進路を目指したいかについても聞いておき、それにはどれくらいお金がかかるか、共有しておいても良いと思います。「希望に応じて、できる限りのことをする」という親の意志を示すことで、子供の中にも責任感が芽生え、協力態勢が強いものになるうえ、子供の金銭感覚も育てることができます。

ページの先頭へ