中野憲太の名言|健康維持の第一歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康の維持とは自分の変化に気づくこと。したがって、どんな運動をするよりも、自分の身体の状況を意識することが、健康維持の第一歩。


中野憲太 の経歴

中野憲太、なかの・けんた。日本の経営者。「リブウェル」社長。新潟県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。ホットヨガスタジオやヨガ講師養成スクールを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕はよく「愚痴をこぼすな、くよくよ後悔するな」と言っている。第一に時間の空費だし、体も弱る。それに周囲を暗くするから、これほど馬鹿なことはないと思っている。

健康とエネルギーは深い眠りの結果であり、深い眠りは活気ある活動の結果なのだ。

どんな業種でも人的資源こそ成功の礎。人的資源への投資、なかでも健康への投資を重視し、社員の価値を最大限に生かすよう努めています。

自分の周りの人間関係を振り返り、整理してみることは、心身の健康のために必要。

経営者は本来、会社を良くし、成長させるために全力を尽くすべき存在なのだから、健康に留意するのは当然。

思い切って毎日の仕事をすっかり忘れ、別な世界を積極的に作ってみることも心の健康を保つためには大切です。良い仕事をするために、働き盛りこそ仕事離れで心に風を通しましょう。

体調管理を続けるコツは、記録し、それを頻繁に見直すこと。

ページの先頭へ