稲盛和夫の名言|自分に厳しく、他人にも厳しく

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に厳しく、他人にも厳しく。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業が競争優位を確保するためには、現場力が不可欠だ。現場が経営の実態をつかみ、自らの創意工夫で商品力を高め、コストダウンを図ることができれば、必然的に企業の競争力は向上する。

局面を打開しなければならないときには、机の前で考えてばかりいても事態は一向に進みません。そこで「仮説・実行・検証」をひたすら繰り返すのです。

エグゼクティブ層の方々は、人と会って聞き慣れない言葉や心に残ったキーワードが出てきたら、短く書き留めることが習慣になっていると感じます。共通していえるのは、目的意識が強いということです。面談やセミナー参加の時間も極論すればコストなので、それに見合ったリターンを求めるのです。直接ビジネスにつながらなくても、新しい知識を得ることはリターンの一種ですから、私と接していても、知らない情報があると「いま、なんていいました?」と聞き返してメモを取る方が多い。

コーチをつけるようになってから、タイムは飛躍的に伸びました。それまで、ただ闇雲に走っていたのが、科学的なトレーニングや走った後のケアやマッサージのやり方まで教わりましたから。

大事なのは、自覚と責任感を持って臨むかどうかだけ。失敗したら会社に大変な迷惑をかけるという責任感が、学ぶ力を強くし、判断力を磨く。それが会社を強くするのです。

何がムダなのかは結局、やってみないとわからない。僕も若いときは、きりきりするくらいに何でもやりました。

「人は否定的感情が心にいっぱいな時、相手の話を聞くことができない」というのは、心理学の原則です。疲れた、悲しい、落ち込んでいるといった心の状態だと、相当いい話を聞いてもちっとも内容が耳に入ってこない。

ページの先頭へ