佐藤陽一の名言|素晴らしさに匹敵するだけのパッションがある

世界で楽しまれている名高いワインの醸造家は、その素晴らしさに匹敵するだけのパッション(情熱)がある。

佐藤陽一(ソムリエ) の経歴

佐藤陽一、さとう・よういち。日本のソムリエ。ワインレストラン「マクシヴァン」オーナーソムリエ。大阪府出身。料理修業のため渡仏。ワインに魅了されソムリエに転身。帰国後、シェフソムリエを歴任。マクシヴァンを開店。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

急な成長は本当にその企業のためになるのでしょうか。実は、松翁軒は祖父の時代に勢いに乗って商売を急拡大させた結果、手痛いしっぺ返しを食らった経験があります。ほぼ倒産状態に追い込まれました。

山口貞一郎の名言・格言|企業の急成長で倒産間近に追い込まれる


グループ組成の一番のメリットは、得意分野に専念できること。銀行窓口販売はT&Dフィナンシャル生命がやり、家庭市場では太陽生命が強みを生かす。そして当社、大同生命は中小企業マーケットに特化する。保険会社というものは、どうしても全部をやりがちなのですが「やらなくてもいい自由」とでもいいますか、経営資源を特定分野に集中できるのは、社長としては非常にありがたいです。

倉持治夫の名言・格言|全部「やらなくてもいい自由」で得意分野に専念する


読み手の心に響く文章が書ければ、組織にエネルギーをもたらすことができます。そのためにも、ワープロで打ちっぱなしにせず、一次原稿を俯瞰しながら手書きで修正するプロセスが何より必要です。一度プリントアウトすると、手書きから読み手へと視点が変わります。手書きのときは言葉を並べることに意識を奪われ、木を見て森を見ずになりがちです。そこで読み手の視点から森を俯瞰することで余分な木を排除し、木と木のつながり方を正し、簡潔明瞭で論旨明快な文章に仕上げていくことができます。

高橋温の名言・格言|ビジネス文書は、必ずプリントアウトして全体を整える


私は昨年からメモを取ることをやめました。きっかけは、メモを取っても二度と見ないことに気づいたからですが、メモを取らなくなると、聞き逃すまいという緊張感が出てきて、以前に増して集中できるようになりました。理解すれば、情報というものは忘れないものです。資料は、ざっと目を通したものは捨ててしまうため、ファイルも残りません。

佐々木則夫の名言|メモを取らない理由


ToDoを手帳に書くと、やり終えていないことが明確になる。「やり終えていないことがたくさんあるんじゃないかな……」といった不安やモヤモヤを感じなくなる。

浮世満理子の名言|ToDoリストで不安やモヤモヤを消す


「強くあれ」と何度も母から言われたことは、私に大きく影響を与えたと思います。たとえば三井海上火災と住友海上火災と合併。この合併で私は「小事は情をもって決し、大事は理をもって決す」ということを心がけました。その土台には「強くあれ」と言った母の言葉が常にどこかにあったのだと思います。

植村裕之の名言|「強くあれ」と何度も母から言われたことは、私に大きく影響を与えた


あえて失敗せよ。世の中が激しく変わっている時代、現状を守るだけではダメ。そんな人間がはびこる組織は、やがて潰れてしまう。だから失敗を恐れずどんどん新しいことにチャレンジしてほしい。

酒巻久の名言|あえて失敗せよ


アメリカのオーナー、ジェームス・S・デービスは従業員を「エンプロイー(従業員)」と呼ぶと怒るんです。社員は家族であって「アソシエイツ(仲間)」であると。外資系といえば、転職が多いという印象があると思うんですが、うちに関していえば離職率が1%を切っているんです。

冨田智夫の名言|社員は家族・仲間


平時の組織管理は性悪説で、有事の実行は性善説で臨む。平時の訓練は高い目標を定め、それを達成すべく厳しく管理する必要がある。そうでないと組織や人は安きに流れる。

折木良一の名言|平時の組織管理は性悪説で、有事の実行は性善説で臨む


真の教養とは、単なる知識を言うのではなく、自分の頭でしっかりと物事を考えることを指しているのではないでしょうか。単にクイズが得意なだけの人を、教養があるとは言いません。それよりもむしろ、ある事柄について、深い考えを示すことのできる人を、私たちは教養人と呼ぶのだと思います。

小川仁志の名言|真の教養とは


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ