糸井重里の名言|協賛していただくためには、「それならお金が出せる」というアイデアを用意する必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトに協賛していただくためには、企業が協力したいと思い、「それならお金が出せる」というアイデアを、こちらが考えて用意する必要がある。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は誰もが「成長したい」と望んでいます。たとえミスが多い部下でも、本人は好き好んで失敗しているわけではないのです。だから、日頃から部下の行動をよく見て、少しでもうまくいったら褒めてください。すると、部下のモチベーションが上がり、もう一段上のレベルを目指そうとするはずです。

以前当社は店頭上場しようと準備をしていました。でも、私の判断で上場予定日の二か月前にキャンセルしたんです。いまでも、いつでも上場できる状態にあります。しかし、上場すると投資家からの目を意識して短期のことばかり考えるようになります。結果として、この土壇場の上場中止があったからこそ、いまの大創産業があります。

利潤の増大は原始製品販売を避け、二次三次の加工を施し、最終製品までの積み上げによって充足する方針をとっている。これを私は経営の立体化と呼んでいる。

面白い研究をしている人の周りには世界中から研究者が集まってきて、どんどん発展していきます。ところが、面白くない研究者からは人も離れ、シュリンク(縮小)していく。活きた時間も死んだ時間も伝染する、というのが僕の持論です。

トップになるにはサイコパス度が高い性格であることが有利で、それを適切な状況で使うことが必要である。サイコパス度が高いということは諸刃の剣で、その性格が間違って使われると、会社の状況が悪化する。

経営の視点からいくと、「厳しい」と言っていても何にもなりませんので、その中でどういうチャンスがあるかをきちんと考えて、良い商品を出すことが課題。

勲章を胸にかけて思ったことは、この勲章は決して私個人のものではない。私と共に歩んだ演芸、映画人およびその背景にある仕事が頂戴したのだと思う。
【覚書き|文化勲章を授与されたことに対するコメント】

ただ口を開けて待っているのではなく、こちらからアクションを起こさないと絶対にいけない。

切り替える時間がないと、人間は潰れてしまいます。土日はメールチェックくらいに留め、なるべく趣味の時間に当てています。ちなみに趣味は「読書」「釣り」などいろいろありますが、特に釣りに関しては、魚がかかるまではボーッとしているしかないので、自然といろいろなことを考えます。そういったときにこそ、アイデアが浮かんでくるものです。

走り続けるためには、勉強を続けることも大切。考えてみると私は、ずっと勉強してきました。勉強しないと乗り切れないことが、次から次へと起きたからです。

ページの先頭へ