糸井重里の名言|白紙でもいいんじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ日手帳は「自由に使いなさい」がコンセプトで、それが多くの人に受け入れられている。でも、使いこなせないというお客さんもいるんですよ。僕が白紙でもいいんじゃないと言うと、皆安心したような顔になる。それだけ流れゆく時間をムダにしたくないという人が多くて、書くことの意味が大きくなりすぎているのかもしれない。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業で大事なのはお客様とのコミュニケーションで、頻繁に顔を出すことでお客様のほうから声を掛けていただけるようになるのが理想的な姿です。

慢性的なストレス状態は、自律神経系を不調にし、体に深刻な悪影響を及ぼす。心拍数や血圧が上がり、発汗作用が機能している。いわば興奮状態です。このストレスが蓄積されていけば狭心症、高血圧、うつ病などを引き起こしかねません。

ストレスがたまると料理をつくりますね。黙々と料理をつくっていると気持ちがリセットできて。何かいいものないかなってスーパーを散策している行程も含めて、ストレス発散にお勧めです。

社員の感情が下向きになると、生産性が低下するので業績はあがりません。社員一人ひとりが自然とやる気になるような状況をつくり上げなければならないのです。

たしかに、あれ(悪役への転向)は大きなジャンプだった。会社の反対を強行突破してやったことだったしね。でも、何から何まですべて変えたように思われているけど、プロレスのベースの部分はほとんど変えていないんだよ。それまで培ってきたものに、ヒール(悪役)と黒という要素を「+α」したという感覚だった。

朝早く出社して仕事を片付ける「前業」を始めて、通勤電車で座れるようになり、仕事だけでなく、自分の人生について考える時間ができました。この時間が、30歳以降の私の人生を決定したといっても過言ではありません。

自分は威張ってなどいないという人でも、謙虚になることは必要だと思います。知的であることの最低条件は、自己懐疑ができることですから、謙虚さは、その出発点になるのです。

ページの先頭へ