糸井重里の名言|しっかり腰を落ち着かせて、「事実をきちんと知る」ことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかり腰を落ち着かせて、「事実をきちんと知る」ことが大事。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個々のスキルを高く保つこと、そして新しい技術にも取り組んで行く姿勢は起業して以来ずっとこだわりを持ち続けています。ITの世界は日進月歩のため、技術をキャッチアップするのは容易ではありません。でも、そこにとにかくこだわっていく。

徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。

学業も大事ですが、学校での評価軸に限定されることなく、生徒たちの可能性は拓かれていることを伝えてあげたい。だから、「好きなことは大事にしてほしい」「いろんなことにチャレンジし続けてほしい」と、言い続けています。

大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。

昔から「功績あるものには賞を与えよ。人格、品性のなきものに地位を与えてはならぬ」と言います。部長、取締役ともなると、人格や品性が問われるのです。品性とは必ずしも上品であることを意味するのではなく、周囲から尊敬されるという意味です。

つまんなくなっちゃうのよ、思い通りになっちゃうと。思い通りにならないというか、ドラマが勝手にアメーバのように動き出す方が、描いていて面白い。

リーダーとしての精神の強靭さは、人格的、身体的迫力を持って行動できるかどうかという点にあるのではなかろうか。真のリーダーたりうる人は、ストレスや不安のない生活を望むのではなく、ストレスや不安を乗り越えることを自分の原動力にしていく人たちだ。

コツコツが、勝つコツ。

英語学習も「苦しい勉強」だと思うと挫折の原因になりますから、好きなことを入り口にして学ぶのがお勧めです。読書家なら英語の本を読むことでたくさんの語彙や言い回しを知ることができますし、映画好きならDVDの英語字幕を見れば文法も身につき、ヒアリング能力も高まるでしょう。そこに出てくる単語や熟語を書きとって覚えていく習慣をつければ、会話のバリエーションは大きく広がります。

NPOは「よいことをする」という前提があります。しかし、何が善であるかを判断するのは難しい。どんなに「いい」といっても独りよがりになってしまいます。やはり歴史的に積み上げられた思考の枠組みを根拠にした方がいい。

ページの先頭へ