稲盛和夫の名言|リーダーが立派な人間性、人格を備えていなければ組織を引っ張っていけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーが立派な人間性、人格を備えていなければ組織を引っ張っていけない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

発想力や企画力を高めたいときは、読書に感覚刺激を組み合わせます。テーマに関係する本を大量に読んでインプットを増やしてから、あえてそのテーマとは無関係なジャンルの本を読んでみる。それによって感覚が刺激され、思わぬところからアイデアが湧いてきたりします。映画を観たり、街歩きをしたり、シャワーを浴びたりするのもよいでしょう。そこで閃いたアイデアは必ず書き留めて、最後に企画書として読みやすいよう論理的に整理します。

福沢諭吉の『学問のすゝめ』に書かれてある「一身独立して一国独立す」という言葉が重要になると思います。国民一人一人が強くなることで、結果的に国家が繁栄するということです。

求人雑誌やハローワークで職探しするのも手だが、人から紹介してもらったほうが、よりよい再就職先を見つけられる可能性が高まる。そのためには、自分のことについてよく知っている人脈を持つこと。こればかりは再就職活動を始めてから努力してもどうにもならないので、普段からの積み重ねが物を言う。人からの紹介で再就職先を探す場合は、自分が何をやりたいのか、何ができるのかを、紹介してくれる人にしっかりと伝えておくのがポイントとなる。

僕は決して言葉の多い経営者ではないと思います。スタッフ全員の前で話すのは、年二回程度でしょうか。朝礼にも出ないし。その代わり、社長や上司が自分の行動でメッセージを伝える、つまり「背中を見せる」ことは大事だと思います。

マッキンゼーでは「文書をつくるときに、いきなりパワーポイントやワードに向かうな。まずは手書きしろ」とよく言われます。思考というのは、最初から整理されているわけではないのです。「あんなこともある」「こんなこともある」と、雑多な要素が順不同に思い浮かんでくる。それをあとから整理して構造化するわけです。

従業員が楽しみながら働いてこそ、サービスの質を高めることができます。お客様を喜ばせた感動のエピソードは、ラインナップ(朝礼)時に紹介され、みんなでユーモアのセンスを共有し合い、仕事が楽しいという気持ちを分かち合います。

君子は、人として踏み行うべき義理の心が足りないことを恥じ、小人は、名誉がないことを恥じる。

ページの先頭へ