日本電産「圧勝の三条件」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本電産「圧勝の三条件」

  1. 市場には一番に参入する。
  2. 技術優位性で勝つ。
  3. 低コストである。

家訓・社是・社訓・経営理念 の経歴

家訓や企業の標語・経営理念。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の足で出かけていくことで、予期せぬことにたくさん出合える。

稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。

僕たち作り手側は、こだわりを持ってモノ作りに取り組む。それが時流に乗れば「ヒット」という結果になる。

経営者を見ていると、性格の違う家族を温かく見守って、いざというときは自ら行動する人が多いので。経営者に求められるものが、父性から母性へと移っているような気がするんです。

どのような道に進むにしてもオリジナリティの高い人になることが大切。要はその道のプロになること。経理や人事だって10年真剣に仕事をすればその道のプロになる。実際、僕の後輩で経理部にいた人間がいました。彼は10年経理を極め、独立して経理のアウトソーシング会社を起業。いまでは大きな会社に成長させています。

日々やってくる郵便物は、受け取ったその場で処理するようにします。あとでまとめて処理したほうが効率的に思えるかもしれませんが、溜まった郵便物をまとめて処理するためには時間がかかりますし、返事の期限を過ぎてしまうなどのリスクが伴います。仕事の整理も、その場その場で処理していくことが、最も効率的なやり方です。

仕事の効率化の方法は簡単。いったん、すべての仕事を放棄してみればいい。そして、その中で「会社が存続するために、絶対にやらなければいけないこと」だけをやる。

マーケティングのプロたちの目には、金融危機で大騒ぎになっているいまの世の中がどのように映っているでしょうか。少し前なら考えられなかったビッグチャンスがあちこちにゴロゴロと転がっている。そんな情景が見えていれば、マーケティングの達人と言っていいでしょう。

人ができない理由は「やり方がわかっていない」「継続の仕方がわからない」のどちらかです。

会社全体であろうと、その中の小さなチームであろうと、トップに立つ人がいい「気」を流すことが組織の活性化につながり、お客様の満足にもつながります。

ページの先頭へ