枡野俊明の名言|チャンスを取り逃がさないために、日頃から力を尽くす努力を

このエントリーをはてなブックマークに追加

いずれチャンスは訪れます。そのチャンスを取り逃がさないために、日頃から力を尽くす努力をして、チャンスをつかむ準備を整えましょう。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

禅では心を整えるために、まず自らの所作を整えます。正しい立ち居振る舞いは、心を穏やかにし、充実した生き方の基本となるものです。「行住坐臥」とは歩く・止まる・座る・横になることですが、立ち居振る舞いの基本です。日常生活でまずこの四つを意識し、正しく美しく振る舞うように努めてください。例えば、歩き方。背中を丸めてうつむいて歩くと、考え方もネガティブになりがちです。胸を張って正面に目を向け、真っ直ぐに歩いてみましょう。デスクワークが多い人は、座っている姿勢を正しく保ってください。頭のてっぺんから尾てい骨までが一直線になるように意識し、背もたれに背中をつけないで座ります。正しい姿勢が保てたら、次に呼吸を整えます。臍下丹田(おへその下75ミリあたり)に意識を集中します。ポイントは息を吐ききることです。吐ききったら、あとは身体が自然に吸うのに任せます。呼吸の長さは一分間に7~8回が目安です。深い呼吸を続けると身体が温まってくるのがわかります。この腹式呼吸ができれば、正しい姿勢がとれていると思っていいでしょう。鏡を見て疲れが顔に出ていたら、まずは姿勢と呼吸を意識することから始めてみましょう。

英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。

中毒ではないと思うけど、体を動かさないと落ち着かない。次はもっとタイムを縮めてやろうとか、運動すれば自然と未来志向になれる。

私もキリウ(買収したブレーキ部品メーカー)の足利市の工場に見学に行きましたが、素晴らしい経営の考え方、現場のオペレーションに感心しました。当社の役員に「ぜひ行って勉強させてもらいなさい」と言ったほどです。それくらい経営を任すことができるパートナーがしっかりしていれば、商社もバリューチェーンのライン上で必要に応じて製造の分野に入っていけばいいと思います。

見て盗まれる技術など技術じゃない。大事なのは言語化できないノウハウであって、それは決してウェブには載らない。西村金属には他社には盗めないノウハウがある。

買う側は、まず相手や会社が信用できるかを判断するんです。相手が信用できないと買わないし、会社を信用できないと買わない。

睡眠時間が3~4時間しかとれないと、どうしても昼食後の会議などでウトウトしてしまう。そんなときは、ランチタイムに15分ほど昼寝をすれば、効率的に仕事をすることができます。

ページの先頭へ