名越康文の名言|イライラ解消には体を動かすことが一番

このエントリーをはてなブックマークに追加

運動不足になると、「こらえ性」がなくなるんです。イライラする原因はこれが大きい。イライラ解消には体を動かすことが一番。


名越康文 の経歴

名越康文、なこし・やすふみ。日本の精神科医、評論家。奈良出身。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(のちの大阪府立精神医療センター)にて精神科緊急救急病棟の設立に携わり責任者を務める。その後、臨床に携わりながらテレビ、雑誌、書籍そのほかで広く活動している。専門は思春期精神医学、精神療法。そのほか京都精華大学人文学部特任教授・客員教授などを務めた。主な著書に『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』『女はギャップ』『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』『毎日トクしている人の秘密』『幸せを見つける性格診断』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本では「休むこと=サボり」のような空気がありますが、長期にわたって心身の健康を維持するためには計画的に休む必要があります。私はこれを「戦略的回復」と呼んでいます。女性は比較的こまめにストレスを発散するのが上手ですが、責任あるポジションにいる男性はこれが苦手なようです。

怒りを抑えるには、自己肯定感を高め、他人の言動によって自己の価値を左右されないようにすることが大切です。

トラブルになったとき、つい感情的になって、気づくと何時間も嫌なことを考え続けてしまいがちです。そんなときは、感情のまま書いて翌朝再考するのがお勧めです。思ったままの激しい言葉で書くと、感情が満たされてストレスを解消できるだけでなく、ダラダラ考えずに済みます。そしてすぐに出さずに、翌朝まで寝かすことで、「ここは言い過ぎだから直そう」などと、冷静な判断で軌道修正ができます。結果、感情が収まらないまま同じことを考え続けることから解放されます。

ストレスを水にたとえると、私たちは水槽のようなものです。ストレスを感じ続けていると、水槽に水がとめどなく流れ込んでくるのと同じで、そのうちにあふれ出してしまいます。あふれ出すと、キレたり、パニックに陥ったりもします。水槽からストレスがあふれ出す前に、ストレスに対処したいところですよね。この水槽の大きさには個人差があり、情緒が安定した人ほど大きいといわれています。

ストレス解消方法は存在しない。ストレスを本当になくしたいなら、その原因を解決するしかない。

忙しいときこそ、自分が楽しめることをあえて組み込むことで、ストレスが相殺されます。モチベーションを保つ上でも欠かせません。

ストレスは、自分で作ってしまっていることが多いということに、まず気づく必要があります。責任感が強い人や、心配性の人は、ストレスをためやすいものです。「こうあるべき」という姿が強固で、その姿と現実が違ってしまうことに対して強いストレスを感じてしまうのです。なかでも、「いい結果を出したい」という気持ちが強く、頑張りすぎてしまう「積極思考」を持つ人は、失敗することに対して過剰に不安を感じるので、とくにストレスをためやすくイライラしがちです。

ページの先頭へ