枡野俊明の名言|人生について真剣に考える時間を持つことは大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は政治家とも話す機会が多いけれど、あの安倍晋三さんだって自分の失敗談をいろいろ話してくれますよ。それは、僕自身がまず心を開いて失敗談を話すから、安倍さんも心を開いてくれるんだと思います。

以前は、コンセプトワークだけでなく、自分の悩みもよく書きだしていました。アイデアが出なくて苦しんでいた場合、思いつく限りの理由を書き出すのです。書き出すことで解決することはたくさんあると思います。

私は親切にしすぎて間違いをおかすことの方が、親切と無関係に奇跡を行うより好きです。

亀田メディカルセンターは患者さまのために存在するものであり、「患者さまのために全てを優先して貢献すること」が、私たちが最も尊ぶ価値観です。ですから、患者さまから何か要望されたときには、まず「YES!」と答えることをモットーにしています。

人は自分が欲しいものにはお金を出しますが、自分のニーズに合っていないものにはお金を出しません。営業で一番大切なことは、お客さまの夢ややりたいことをお聞きすること、そしてそれを解決してさしあげること。

出世競争から降りた場合、ふたつの道があります。会社にとどまってリストラを避けるという選択と、転職あるいは独立を目指す方法です。乾坤一擲、独立起業するのなら、社会的な力をつけることが最優先です。スキルを磨き、公的資格を取得するのはもちろんのこと、ボランティアにも意欲的にかかわり、社会に対する見識と人脈を広げるのもいいでしょう。

前例がないので挑戦になりますが、プラス思考で考えれば、仮に受け入れられれば、独占マーケットがそこには存在していることになります。
【覚え書き|海外進出について】

ページの先頭へ