枡野俊明の名言|人生について真剣に考える時間を持つことは大事

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本田とは逆に、私はめったに工場へは行かなかったのですが、行ったときは必ずプラスチック部門に顔を出すようにしていました。プラスチックは最初のジュノオ号の失敗で、使いようがなくなっていて、現実には生産の役には立たないけれど、将来のためにいろいろ試作しているわけです。いま仕事のある華やかな職場にはいきません。私がそんなところに行ったってしょうがないんです。
【覚書き|のちにこの部署はスーパーカブの開発で力を発揮し大きな利益をもたらした】

藤沢武夫の名言|いま華やかな職場より、将来力を発揮しそうな職場を回ることの大切さ


飛び込む前から御託を並べてないで、自分の問題意識や好奇心を温めて、とりあえずなんにでも挑戦してみることが大切。

大谷昭宏の名言|とりあえずなんにでも挑戦してみることが大切


10人の仕事を9人で行おうとすると、これまでと同じやり方では同じ量の仕事がこなせないため、「少ない人数でどうすれば効率的に仕事できるか」を発想する。つまり、人が減ることが新しいやり方を工夫するきっかけとなり、その結果、生産性が改善され、サービスの質が向上し、好循環が生まれる。

石川泰彦の名言|人が減ることが新しいやり方を工夫するきっかけとなる


「日本はモノ作りはうまいが、マーケティングは……」などと言われますしかし、むしろ日本のようにメーカー間の競争が激しく、高齢化も進み、コンビニからネットまで流通環境も成熟しているところにこそ、本当のイノベーションが生まれるかもしれない。

楠木建の名言|競争が激しい日本にこそ本当のイノベーションが生まれるかもしれない


人を育てるということは時間がかかるもの。

濱田純一の名言|人を育てるということは時間がかかるもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ