枡野俊明の名言|人生について真剣に考える時間を持つことは大事

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当事者意識を持ち、批評や批判ではなく、行動を起こすことが大切。

リスクがなければ得るものはない。リスクがあるものをやらない限りは、鮮やかな成功は手に入らない。

世界は常に、あなたが示す行動によってあなたの価値を決定するのだ。思考や感情を内面に秘めたまま表現しなければ、誰があなたの才能を測ることができようか。

勝ち残るのまぐれじゃなく、血のにじむ努力をしているから。

人材マネジメントとは、人の心に働きかけ、幸せにかつ意欲的に会社に貢献してもらうための経営活動である。そのためには、働く人のココロに訴えかける必要がある。

私は、平凡かもしれませんが、社員と徹底してコミュニケーションを取り続けました。「CEOへのメール」をイントラネットに設け、来たものはすべて自ら返信しました。技術者の中には、リストラによって今までの担当を離れ、別の事業に異動して勉強し直してもらった人もたくさんいます。そういう人たちのためにも、私が今、何を考えているか、できる限り発信しなければいけないと思っていました。

人前で話をしなければならない場合であれば、「思うように話す自信があるし、きっとみんなが興味深く私の話を聞いてくれる」と言い聞かせましょう。できれば、舞台で堂々と話をしている自分の姿や、それに聞き入る聴衆の様子、話し終って満足して自席に戻る自分の様子も思い描きます。これらの言葉や想像は強く自律神経系に働きかけ、体の反応を落ち着かせてくれ、思い描いた通りに落ち着いてリラックスした状況をつくりだすのです。

生産の効率化とコストダウンを進め、更に世の中のいろいろな最新システムを取り入れて改革をしていけば、安い人件費を求めて海外に工場を移転しなくとも、まだまだ日本の中で世界に対抗できる。

期待を抱くこと、それはつまり幸福であるということなのだ。

もし「自分はこれで飯を食っていこう」というのが決まっているなら、何よりその仕事のメッカに行くべきです。コンピュータならシリコンバレー、自動車なら日本、デザインならイタリアといったように、その分野の最先端の場所に飛び込んだ方がいい。本場には世界中から才能ある人間が集まってきますから、自分の本当の実力もわかるし、優れた才能に学ぶことも多い。

ページの先頭へ