糸井重里の名言|弱点があっても、一生懸命に頑張ることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる仕事のできる子たちが集まった集団がそつなく手がけた仕事と、才能や実力が真ん中より少し下の子たちが一生懸命にやった仕事は、案外、差がないと思っています。弱点があっても、一生懸命に頑張ることが重要なんです。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間関係の技術は、すべて練習量に比例する。

何をすればよいのか、それがわからない、と思うかもしれない。人に相談したって仕様がない。まず、どんなことでもいいからちょっとでも情熱を感じること、惹かれそうなことを無条件にやってみるしかない。情熱から生きがいが湧き起こってくるんだ。情熱というものは、「何を」なんて条件付きで出てくるもんじゃない、無条件なんだ。

工場内の繁閑、モノや情報の流れを見える化した結果、業務の平準化が進み、縦割りを超えてカイゼンに向けた様々な知恵が集まり始めました。計画と業績にギャップを徐々に埋めることができ、生産性が見違えるように向上しました。

日常の努力の積み重ねが、人生での大きな計画の達成につながっていると実感できれば、毎日の仕事もより充実してくるのではないでしょうか。

職人というと、腕は立つけど頑固でちょっと偏屈、という昔のイメージがあるかもしれません。でも、今の時代はそれではやっていけません。お客さんの話をしっかり聞いて、相手がどんなものを求めているかをきちんと理解し、確かな技術で迅速にいいものをお届けする。それが21世紀型職人に求められるものです。

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。

私がスウェーデン法人社長になって1年が過ぎたころ、当時の上司だったステファン(のちの同社会長)から言われました。「あなたはH&Mで最も大きい市場のマネジャーだ。だから、もっと勇敢で大胆でなければいけない。最低でも年間5つ~6つ、大きな失敗がないと、勇気をもって働いているとは言えない。テニスで仮に相手が打ったボールがラインから外れそうでも、果敢に打って出るべきだ。その結果、自分が打った球がラインから外れても、私は支持する」。これを聞き、私は心強さを感じ、チャレンジする意欲を持ちました。

類似品があるか、「自分が思ったこと」と「世間の欲求」にズレがないか、そのズレが修正できるか。マーケティングや会議よりネットの中に、商品化を判断できる要素はゴロゴロある。

朝は頭を使う時間です。新聞やネットでの情報収集といったインプットよりも、企画のアイデアを出したり、計画や戦略を練ったりといったアウトプットにより多くの時間を割くべきでしょう。また、朝は睡眠によって雑念がリセットされているので、判断や決断を下すのにも適しています。

気難しい人と交流することをお勧めします。粘着質の上司、短気な同僚、理不尽な取引先……。誰でも一人や二人は周囲につき合いづらい人がいるでしょう。多少は小競り合いが起きるはずです。そんな状況に身を置けば、言葉づかいは確実に磨かれます。

ページの先頭へ