スティーブ・ジョブズの名言|将来を見据えて点と点をつなぐことはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

店頭から上がってくるデータをただ待つのではなく、お客様の直接的な声や動き、そして、お店の商品の減り方などを自ら足を運んで見ることは非常に重要です。目で見たことが、結果的にデータとピタッとリンクすることが結構多いものです。数字が上がってくる前に、店頭の動きを実感としてつかむという姿勢は、社員全員に持ってもらいたいものです。

上の世代が言うじゃない。「学生時代、友人と過ごした時間が一番楽しかった」と。じゃあ、なぜその時間を続ける努力をしないのか。過去を懐かしむだけでいるのは、とても寂しいよ。

北海道のテレビ局だから、札幌の大通公園やススキノでロケをするものだって、みんな思いますよね。でもそれじゃあ、できることが限られてしまいます。僕はとにかく面白い番組を自由につくりたかったから、地方色を出すことは最初から考えていませんでした。とはいっても、北海道の人間がつくっているんですから、その空気がちゃんと番組のどこかに漂っている。地方のカラーはそうしたにじみ出てくるもので十分だと思ったんです。

改革に先立ち、店長以上の全社員を熱海に集めて決起大会を開きました。赤字である現状と、このまま改革を行わなかった場合の最悪のシナリオを示して危機感を持たせる一方、今後のビジョンと改革シナリオを伝え、全員のベクトルを合わせていきました。とくに本部の社員には一人一人に意識改革を求めました。

コミュニケーションはグローバル企業の肝になります。人は簡単に誤解します。異文化同士ではなおさらです。就任以降、タウンホールミーティングという社員との対話の場を設けました。こちらから語り掛けるだけでなく、双方が話すのです。

人生に行き詰まったときは、哲学書を開くといい。自分の根っこを再点検するためのヒントが、たくさん詰まっている。

大企業では、9割くらいまで成功する確率が高まらないとゴーサインを出さない経営者もいます。しかしそれでは決断が遅くなり、チャンスを逃してしまいます。確率が高まるまで議論や調査を重ねることは、他社にチャンスを讓っているようなものです。

ものすごく忙しい。健康のために睡眠をたっぷりとり、三食きちんと食べて、適度に運動するなんていうことは私には到底できない。絵に描いた餅です。本業の医療、病院経営の仕事のほかに、物書きをしたり、1日18時間ぐらい働いています。それでも私は毎日が爽快なんです。老いて弱った体と、不規則で過密なスケジュールにうまく適応して精一杯生きる。それが私の生き方上手です。

ツキを呼び込むには、明るさが必要です。

鉄道が高級リゾートに勝る、などと考えるのは常識外れに思われるかもしれません。ですが、私は「勝てるのではないかと思いました。なぜなら、どんなにすごいホテルであれ、部屋から見える景色はひとつです。それに対して鉄道なら刻一刻と景色が変わっていきますよね。窓に目をやるだけで、映画を観ているように移り変わる風景を楽しむことができる。列車なら雨が降ろうが雪が降ろうが風が吹こうが、最悪の状況すら楽しむこともできます。列車という限られた空間の密度と質を上げるなかで、サービスや食事のレベルを高めることができれば、必ず他のリゾートに勝てると思うようになりました。
【覚え書き|日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のデザインをしたときを振り返っての発言】

ページの先頭へ