スティーブ・ジョブズの名言|将来を見据えて点と点をつなぐことはできない

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「どうやって気持ちを強く持ち続けたのか」という質問を受けることが多いのですが、正直そんなことを言っていられる立場ではなかったです。とにかく責任を全うしなければという意識以外には何もなく、事業一つひとつに個人的な思い入れがあるとかないとかに関係なく、全力を尽くしてきました。

人生は、あなたが経験することを受け入れるにつれて、その厳しさが軽くなっていくものです。人生のすべての経験を、自分自身を向上させていく材料にできるようになったとき、あなたは苦しみや痛みを心から遠ざけることができます。

伊藤忠時代、ビジネス文書は新聞の一面記事にならえと上司から教わった。この構成なら丹念に読む時間がない相手でも即座に内容が理解できる。

これまでクルマを作る我々自身が、どこかで横着しているところがあった。もっともっとお客さんに何を提供できるかを考え、「造る喜び」を我々自身が感じて新たな価値を発見していく必要がある。

会社の目的は一義的には株主価値を高めることとなりますが、それだけではないはずです。当社では「世界の人びとの”いのち”と“くらし”に貢献します」という理念の下、健康で快適な生活と、環境との共生の実現を目指しています。「その目的の範囲内であれば、何をやってもいい」と社員には言ってきました。

CEO(最高経営責任者)の仕事は次の世代に何を残すかを毎日考えること。後継者の育成も大事でしょうが、事業やパイプライン(開発候補品)など新しく何かを始めるなら代わりに何をやめるべきかというトレードオフを日々考えていますね。経営会議で新しい提案が上がるたびに必ず「それでは代わりに何をやめる?」と尋ねます。

ダメ上司に対しては、忠誠を演じるしかありません。エリートコースを走る上司なら尊敬の対象になりますが、そうでなければ業務時間内はこちらが役者になり切るのです。上司の指示が趣旨とズレていても、とりあえず「Yes, sir!」。本心でなくてもよし。上司の方針や考えを聞いてすぐに反発する部下がいますが、いいアイデアではありません。戦っても、得るものはありませんね。不毛なだけです。

天然酵母工房立上げのとき、お金もなければ、人もいないし、睡眠時間もとれませんでした。泣き出したいくらい、パン作りの知識もありませんでした。とにかくお店の地盤を固めるんだと必死でした。

部下が精一杯仕事を出来るようにすることが社長の仕事。

新しい技術はリスクがある。やるなら腹を据えて最後までやり切る必要がある。

相手の立場を細やかに気遣うという日本のおもてなし文化は、数百年の歴史を持つ。その精神を踏まえてホスピタリティを展開できれば、強力な差別化要因となるだろう。

モノ作りは志がすべて。番組も企画も、すべては作り手の人間性がにじみ出る。人間の根本が歪んでいたら、いい仕事はできない。

「ライフスタイルセグメンテーション」とでも言いましょうか。今後は、個々人のライフスタイルに合ったものを、総合的に提案するような流れが強まるでしょう。いま、家電量販店と呼ばれている小売店の品揃えは、もっと多彩になっていくと思います。

ページの先頭へ