スティーブ・ジョブズの名言|将来を見据えて点と点をつなぐことはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今までの政策の延長線上に未来はない。

あれもこれも伝えたいと考えすぎるあまり、話が長くなってしまうことがあります。これでは大切なポイントがボケてしまい、伝えるべきことが伝わらない。

車に例えるなら、言葉は相手との車間距離を取るためのツール。アクセルやブレーキです。相手の「年齢」「役職」「親疎」の3大要素を考え、相手と自分との間にどの程度の距離を取ればいいか判断したうえで、適切な言葉を使ってください。

デンソーはトヨタから生まれた会社で、彼らは最大の開発パートナーというか、引き上げてくれるお客さんです。トヨタほどコストダウンに厳しい会社もありませんし、うちはそこでもまれることによって強くなっていると思います。

私は新入社員全員に性格検査を行なっています。チームをまとめ上げるには、性格の把握が不可欠だと思うからです。

パソコンで「税理士」と検索すれば、安売り合戦している状況に直面します。しかし、「経営コンサルタント」と検索してみると、決して安売り競争にはなっていません。それぞれの独自のサービスが存在しているのです。資格があるだけで顧客には貢献できません。顧客のニーズはどこにあるのかを深く考え、プロフェッショナルとして、より専門化していかなくてはならない。

私は誰にも何も求めないので幸せでいられます。お金もどうでもいい。勲章も、肩書も、名誉も、私には何の意味もありません。称賛も欲しくありません。私に喜びをもたらすただひとつのものは、仕事、バイオリン、ヨットを別にすれば、ともに働いた人々への感謝だけです。

ページの先頭へ