スティーブ・ジョブズの名言|テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadのような製品をアップルが作れるのは、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立ちたいといつも考えているからだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の仕事のリサーチももちろんありますが、個人的な読書のための時間もスケジュールに書き込んでいます。本を読むのは好きですし、そのときに大きなテーマを考えたりもするので、細切れではなくまとまった時間を確保するのが大切です。たとえ趣味の領域であっても、やはりこうして仕事のアポイントと同じように扱わないと、いつの間にか予定から消えてしまいます。だからスケジュールに書き込んでおくのです。

やる気の周期を一定に保つには、外的要因の影響をできるだけ排除するべきです。そのためには外部要因を無視するのではなく、むしろ自分のものとしてとらえる思考法が役立ちます。たとえば、誰かのミスで仕事が滞ったとき、「あいつが悪い」と人のせいにすると、自分ではコントロールできないために気持ちが荒れてきます。しかし、「あの人に頼んだ自分が悪いのだから、次回は別の人に」「説明の仕方がまずかった。次は工夫しよう」というように自分で解決可能な問題としてとらえれば、必要以上に気持ちは波立たないはずです。

相手を簡単に騙せるのであれば、自分も「騙しの手口」を使いたい――。そう考える人もいるかもしれません。しかしビジネスで相手を騙すことには、大きなリスクがあります。信頼の構築には長い時間がかかりますが、信頼を失うのは一瞬です。

投資で負ける人の多くが、「投資」と「投機」を間違えているんです。投資と投機の違いは何でしょう。投機というのは簡単にいえばバクチ。カンが強い人が勝つ。投資はリサーチに長けた人が勝つ。

雑談上手な営業マンというと、話題が豊富で話術も巧み、自らもたくさん話していくイメージがあるかもしれませんが、一流の営業マンの多くは、あえて聞くことに重点を置いているものです。それは、相手のニーズや価値観を知り、問題解決のための提案の精度を高めるためです。

ポイントは「タスクのアポイントメント化」です。すべき仕事(タスク)を洗い出したら、それをいつまでにやるのか期日を決める(アポイント)のです。これにより、先送りしていた仕事も効率的にこなしていくことができます。

福祉活動は人に認められようと思ってすることでもないし、自慢することでもない。だいたい、自分でもやった端から忘れていきます。先だっても、以前ぼくがグランドピアノを寄付したという養護施設の園長先生がいらしたんです。ぼくにはそんな記憶がいっさいなくて、「それは人違いだ」と言ったのですが、贈呈式の写真を見せられたら、写っていたのは紛れもなくぼくだった(笑)。

ページの先頭へ