スティーブ・ジョブズの名言|テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ

iPadのような製品をアップルが作れるのは、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立ちたいといつも考えているからだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

店内での顧客の待ち時間をゼロにして、営業時間も午後5時まで拡大しました。すると顧客に褒められるようになりました。理屈だけで組織は変わりません。顧客から評価されるにつれて、社員の意識も次第に変わっていきました。

『黒冷水』はほとんどエンタメ小説で技術的にも拙いものだった。普段は本を読まない僕の友達なんかは「羽田の小説を全部読んでるけど、結局『黒冷水』が一番面白いよね」って言うんです。ずぶの素人が書いたやつが一番かよ、って(笑)。それで「洗練されるというのは、外側にいる人には理解されなくなる可能性を孕んでいるな」と気づきました。

人生には必ず困難な状況が起こるものであり、変化の激しい21世紀のビジネス社会においては、なおさらそのリスクが高いといえます。誰でも困難に直面したり窮地に立たされたりすると、悩み苦しむものです。そのようなときに、「本来無一物」と肚(はら)をくくることができるならば、過度に落ち込んだり悲観したりせずにすむでしょう。

他の人間にできたことが、僕にできないわけがないと信じることが大事。

現場で意見が食い違うことは茶飯事です。監督と僕だけではなく、スタッフも含めてそれぞれが違う人生を送ってきているわけですから、当然です。でも、真剣にそれぞれの思いを突き詰めていくことで分かり合える着地点が必ず見つかります。その着地点こそが「本当にお客様に届くもの」になってくれるんじゃないでしょうか。

水道設備にセンサーを装着して稼働データを収集しても、それだけでは意味がありません。作業員が「いつ」「どんな順番」で点検するかといった、人間の活動に伴うデータを組み合わせることで、新たな価値が生まれる。

人の心理というものをきちんと把握していないような商品開発担当者たちの所は落ちている。

相手が緊張しているようなら、自分の失敗談を織り交ぜながら話してもいい。自分を落として笑いをとることで、相手の緊張感が解けて本音を引き出しやすくなります。

本来飽きっぽい私がここまで続いているのは、しんどくても、やっぱりこの仕事が面白いから。

アドラー心理学では、対人関係の要のひとつに相互信頼があるとしています。ここで大切なのは、「相互」とはいっても、まず自分から先に相手を信頼すること。

「今のプレーはよかったぞ」みたいなことはよく言います。ただそれで、図に乗っていないかも同時に見ています。調子に乗ると往々にして失敗する。失敗した選手にはすかさず「あの言葉に甘えたな」って言って、また次の言葉を掛けるんです。

絵との出会いは、そのとき、そのときの一期一会。

我々のようにベンチャーキャピタルに関わる人間は儲かることばかり考えるのではなく、社会貢献性のあるベンチャーを育てることが大切。

ページの先頭へ