スティーブ・ジョブズの名言|テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadのような製品をアップルが作れるのは、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立ちたいといつも考えているからだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は偉大になればなるほど、罵倒の矢に当たりやすくなる。
凡人には罵倒の矢さえなかなか当たらない。

世の中が動いている以上、私たちの業務にも大小の変化があって当然。その変化が常に取り入れられ続けなければ、マニュアルは化石も同然になってしまいます。

いまや、この上司についていけば安泰などという世の中ではありません。逆に、ずっと同じ上司のもとで、ずっと同じ仕事をしているのは、たいへん危険なことだといえます。なぜなら、その上司が異動になったり、社内の体制が変わったりしてしまえば、いままでのやり方が通用しなくなるからです。

当社のように、若手社員に裁量を与えて大きな仕事を任せる企業が増えています。成長企業で新たな仕事に挑戦する方がずっと楽しい。そういった環境に学生が身を置けるようにサポートすることにやりがいがあります。

よく、「自分は問題を正しく把握しているのだが、上司の認識がズレていて……」「問題を発見しても、周囲が解決に協力してくれない」と言う人がいます。そういう人は、問題発見のものさしを相手と共有できているか、つまり自分の仕事のあるべき姿をチーム内、社内、取引先などと共有できているかを振り返ってみてください。

なかなか集中できないという人で、日中に眠気を感じることが多いようなら、睡眠時無呼吸症候群でないかメディカルチェックを受けてみるのも手です。自覚できず潜在的に悩まされている人が多い病気です。

キャリアアップという言葉がよく使われますが、給料が上がることは真のキャリアアップではありません。私は自分自身を成長させることが、キャリアアップだと考えています。

ページの先頭へ