枡野俊明の名言|視野を広げてみることが大切

自分の力を発揮できる土俵。広い世の中、そうした場所はいくらでもあります。1か所にこだわらず、視野を広げてみることが大切なのです。何らかの事情で、愛着のある土俵に上がれなくなったら、隣の土俵に上がって勝負すればいい。視野を広げれば、あなたが幸せに感じる土俵をきっと見つけられるはずです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

高校時代に「7つの習慣」のカセットテープを聴いていました。いまだにそのテープで聴いた表現が口に出るほど、体にしみこんでいます。

商品の成功において必要条件と言えるのが、エンジニアリングとデザインの統合的価値。2つを融合させることで、消費者がその商品を所有し、使用する際の満足度や喜びが高まる。

「偏差」を解消しなくてはいけない。ローソンは全国に1万2千店あるけれど、頑張っている店舗とそうでない店舗との差が大きい。これまではベストプラクティスを言語化し、標準化するためのツールが不足していたのかもしれません。ただ、偏差があるということは、改善する余地があるということです。差を劇的に縮めて、頑張っている店舗のやり方を体系化し、みんなでそれを目指せばいい。

お客様が困っている時には極端な話、徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要。そうした日本人らしいマインドをいかに海外の従業員に植え付けていくかというのは永遠の課題でしょう。

論理だけではいけません。世の中が理屈だけで動くなら簡単ですよ。労組と話し合うときなど、理と情のバランスを考えて対応しなければ説得はできません。私はもともと人からは論理的だと言われる方で、どうしても理が先行するタイプでした。国鉄分割民営化の際の反対派の説得で、そこらへんはずいぶん鍛えられました。

最終報告も忘れてはなりません。上司はその後を気にしています。最終報告を怠り、上司に「どうなったのか」と聞かれるようでは、円満に解決できても、あなたの評価はガタ落ちです。

全国の拠点を結んで毎朝、テレビ会議を開いています。現場で起きた個々の問題を、目分ごととして全員で共有。スピーディな業務改善にもつながります。

周りの雑音が気になるのは、五感が研ぎ澄まされている証拠。緊張するのは、戦闘態勢に入ったとてもいい状態。

怒りはその人の判断力を狂わせるばかりか、人間関係を根本から破壊してしまう。怒りによって失うものは多いが、怒りによって得るものは少ない。

好きなことなら、いくらでも深く知りたいと思えるもの。

ページの先頭へ