枡野俊明の名言|視野を広げてみることが大切

自分の力を発揮できる土俵。広い世の中、そうした場所はいくらでもあります。1か所にこだわらず、視野を広げてみることが大切なのです。何らかの事情で、愛着のある土俵に上がれなくなったら、隣の土俵に上がって勝負すればいい。視野を広げれば、あなたが幸せに感じる土俵をきっと見つけられるはずです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数学の世界でもビジネスの世界でも、秀才ばかりでは成り立ちません。元気のいい「落ちこぼれ」が時々思いもよらない大きな仕事をなし遂げることがあるんです。

広中平祐の名言・格言|落ちこぼれが思いもよらない大きな仕事をなし遂げることがある


我々がやろうとしているのは、お客様中心の新しい産業をつくること。ファーストリテイリングを情報製造小売業へと変革し、全く新しいビジネスモデルを確立させるということです。そのために人の仕事の仕方もデジタル中心に変えていく必要がありますし、物流拠点もそうですし、情報システムも全部変えていきます。

柳井正の名言|お客様中心の新しい産業をつくる


これまではコンビニ業界全体が成長し、みんなでパイを分け合ってきた。これから日本は人口が減っていく。1店当たりの来店客数は減ることになり、客の取り合いが激しくなる。そう考えると、質を高めていかなければならない。

髙柳浩二の名言|1店当たりの来店客数は減ることになり、客の取り合いが激しくなる。そう考えると、質を高めていかなければならない。


インプットするだけではただの情報オタク。情報オタクとミーハーの違いは、アウトプットすること。良い情報が入るほど目利きになれる。

中村貞裕の名言|良い情報が入るほど目利きになれる


人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。

堀田力の名言|人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ