枡野俊明の名言|視野を広げてみることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の力を発揮できる土俵。広い世の中、そうした場所はいくらでもあります。1か所にこだわらず、視野を広げてみることが大切なのです。何らかの事情で、愛着のある土俵に上がれなくなったら、隣の土俵に上がって勝負すればいい。視野を広げれば、あなたが幸せに感じる土俵をきっと見つけられるはずです。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつ、どの仕事の、どの準備をしてというのは、常に自分の頭の中に入っています。ここでこれを考えてと、毎日の中でのルールづくりをしておくわけです。でも、ほとんどは本番の直前に準備です。そもそもアナウンサーの仕事は、直前の集中力が勝負です。

IBMを飛び出して以来、経営者を職業としてきました。お前は経営者として何をしてきたかと聞かれれば、ただひとつ。人にとって働くとは何か、働きやすい環境とは何かを追い求めてきたと思っています。

以前、「依頼された仕事を、スピーディーに納期よりも早く仕上げても、依頼どおりのできあがりでは意味がない」と上司に指摘されました。求められているのは、自分ならではの付加価値をつけて仕上げること。そのことに気づいてからは、依頼された仕事内容をノートにメモし、それをみながら、自分はどんなアイデアをプラスできるのかを考えるようになりました。

電子化した名刺の整理は、自分の思考回路に合わせてフォルダー分けすることが肝。この原則で考えれば、自分にとっての正解が見つかると思います。

ストレスの原因のほとんどは、まだ起こってない未来に対する不安や、すでに終わったことへの後悔などが自然にわいてくること。そして、それに気づかずに巻きこまれていること。

クルマで通勤する社員には、本社の施設に入るときに右折するなとも言っています。朝の通勤時間の渋滞というのは、右折車があることが大きな原因ですから、遠回りになっても左折して会社にたどり着けと。こんなふうですから、みんな正義感は強いと思います。「溝にタイヤがはまったら、親切に助けてもらった」などという礼状が時折私宛に届くからわかるんです。自分が誉められるよりも嬉しいですね。

携帯電話事業からの撤退を決める前、とことん考え抜きました。社長であった私はと兵庫県尼崎市の携帯端末工場にまで足を運び、社員の顔を直接見て、話を聞きました。その結果、高い能力を持つ社員を赤字事業に縛り付けておいても疲弊させるだけだと悟りました。そして再配置した方がより生き生きと頑張ってもらえるという考えに至ったのです。

ページの先頭へ