枡野俊明の名言|思い通りにならないことを受け入れる

世の中、思い通りに物事が進まない確率の方が高い。そうした現実に気づき、受け入れるには時間と経験が必要。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「こうあるべき」という思い込みが強い人ほど、現実とのギャップに苦しむことになります。まずはそんな「マスト思考」を捨てることから始めましょう。

やはり現場主義、現場に入ることが一番大事なのではないかと思います。

「得手に帆を揚げて」とはよく言ったもので、得意な道を一生懸命に打ち込んでおりさえすれば、チャンスは必ずある。

物流業はあくまでもサービス業だと考えています。今後は物流面から顧客の売上アップに直接つながるような仕組みを考えていきたい。

さっさとポートフォリオを入れ替えろと要求するような短期志向の投資家とは、話が合いません。むしろ、我々の方から株主を選ぶと考えるしかない。

「なぜ、同世代の選手が引退するなか、競技を続けているんですか?」と聞かれると、長野の夜の(五輪団体メンバーから外された)ことが思い浮かびます。負けたくないという気持ち、家族の支え、会社の支え、日々のトレーニング。そういったものが全部、競技を続ける方向に自分を導いているんだと思います。

改めて自分の仕事のやり方を見直すと、ムダなプロセスがたくさん見つかる。それを思い切ってなくしたり、大胆に簡略化したりすれば、仕事のスピードは飛躍的に上がりますよ。

情報のインプットと整理は、脳にとって異質な作業。同時にしようとすると煩雑になり、習慣として身につきません。

経営の自由度がいかに重要かは、私自身が経験したことでもあります。96年、創業者である関口房朗社長を解任せざるを得ないという出来事がありましたが、結果としてそれが過去のしがらみを断ち切ることとなりました。私が思い切った構造改革に踏み切れたのもそのためです。

有田焼が今のような伝統工芸産業となる以前、先人の陶工たちは有田焼の本質を学び、それをいかにアレンジするかという挑戦をやってきたのです。だからこそ、400年もの問、廃れることなく続いてきました。ところが現代の我々は伝統の名の下、先人の技術を踏襲し、そのままの形で右から左に商品を提供してきました。それでは今の市場から受け入れてもらえないのは当然です。

ページの先頭へ