枡野俊明の名言|思い通りにならないことを受け入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中、思い通りに物事が進まない確率の方が高い。そうした現実に気づき、受け入れるには時間と経験が必要。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メッセージに説得力を持たせるためにも、自分の思いをストレートに伝えることに大きなウエートを置いています。

リコーではCEO(最高経営責任者)が選ばれるプロセスを社員に公開しています。社長を決める取締役会の下に経営会議があり、その情報は社員でも見ることができます。

私たちは前進を続け、新しい扉を開き、新たなことをなし遂げていく。なぜなら、好奇心旺盛だからだ。好奇心があればいつだって新たな道に導かれる。

私は後輩や新人たちに「サービス業は年間365日、24時間営業だから欠勤はない」と常々伝えてきた。欠勤という文字が自分の体の中にあると、体の具合が悪くなったり、休むようになる。だから欠勤という言葉を頭から消してしまい、「あなたの代わりはいないんですよ」と口酸っぱくして言うようにしている。そのようなプロ意識を持てるか否かが重要である。どんな仕事でも楽な仕事はなく、自分の控え選手がいる仕事は少ない。

若者の心をつかむには、やはり若者に仕事をしてもらうことじゃないでしょうか。何かあった時の責任は私に全部あることは言うまでもありませんが。

新しいこと、とくに局面を大きく変える強い決断を下そうとするとき、できない理由をあげてくる人は非常に多いでしょう。いわゆる「No because」です。しかし、それにとらわれると何もできなくなってしまいます。

私が漫画で食えるようになったのは40歳を超えてから。ベビイ(子供)のころから憧れていた絵で食う暮らしにたどり着き、命の次に大切な眠りすら削って、うんと頭を絞って、漫画に噛り付いてきた。

ページの先頭へ