大川隆法の名言|間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コカ・コーラが10年後、どれほどの業績をあげるかは多少の幅で予想がわかれるかもしれません。しかし、長期にわたって投資を続けたときに、世界中の企業をリードできると確信しました。そして所有していなければならないと考えました。コカ・コーラは20年後には経営者が変わっていることでしょう。しかし、それでもコカ・コーラの優位性は揺るぎないと思うから、投資をするのです。

ウォーレン・バフェットの名言|経営者が変わっても優位性が揺るぎない会社に投資する


10年目くらいまで、プロレスラーとして全然芽が出なくて。闇の時代だよ。俺らの時代は先輩の人数が多すぎて、出場する予定の試合が削られることも何回もあったし、1シーズンに1~2回ぐらいしか出られなかったこともあった。理不尽なことで、しょっちゅう怒られていたしね。地方巡業に行っても取材を受けるわけでもないし、やることがねえ。練習して、飯を食って、ホテルの部屋でボーッとするくらいしかない。俺、何やってんのかなあって。その時にね、だったら大好きなスイーツを食べに行こう、って思ったんだよ。行ってみたら、幸せそうにスイーツを食べている人たちの顔を見て、自分も幸せな気持ちになることができた。

真壁刀義の名言|幸せそうにスイーツを食べている人たちの顔を見て、自分も幸せな気持ちになることができた


仕事の速い人は、あらゆる事柄を5分で判断し、結論を下します。一方で、5分で判断できることに5日もかけてしまうのが、仕事が遅い人です。5分間集中して考えれば、結論を下せないものはないというのが私の持論です。もし5分で決められないなら、それは判断材料が足りないときです。十分な情報を集めて、判断材料がそろったなら、5分で即決する。これが仕事を速く進めるためには一番重要です。

夏野剛の名言|仕事を速くするために一番重要なこと


数々の修羅場経験はのちに役に立った。ビジネスで成功するための秘訣、ピンチの時の対処法を得られた。

松田元の名言|修羅場経験はのちに役に立った


石橋信夫オーナーに出会えたことは幸運でした。会社と社員と家族、協力会社のことを常に思う人だった。「この人は本物の経営者だ」と思いました。大和ハウスが今あるのは、オーナーのおかげだと心底思います。

樋口武男の名言|大和ハウスが今あるのは、オーナーのおかげ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ