大川隆法の名言|間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

減量は自分との戦いでしたが、それに打ち勝ったことが、心を一回り大きくしてくれた。自信がつけば、自分の行動がポジティブに変わっていく。

高校1年の時にはテニスで勝てなくなり、その逃避からマージャンにはまった時期もありました。このままではダメになると危機感を抱き、高校2年の時に親の反対を押し切って慶應義塾高等学校からテニスの名門・柳川高等学校に編入したんです。厳しい監督の下で、半ば強制的にテニスに集中する環境に身を置いたから高校総体で日本一になることができ、プロテニスプレーヤーとして世界に挑むための、後の渡米につながった。

管理職は人を評価するのではない、人をつくることだ。評価するのは誰だってできる。大事なのは、誰をいつまでにどういうレベルにまで持っていくか。その青写真を出せ。

まずは、社員が自社の経営理念を理解して、それにもとづいた行動ができるように教育すること。その上で社員が成果を出せるようになれば、やがて会社を支える「人財」となるでしょう。社長の右腕となる幹部社員も出てくるはずです。

何かをやり遂げたい強い思いを持ち続ける人は、迷っても失敗しても、何度でも立ち上がる強さがある。周りも手を差し伸べたくなり、思わぬ応援を得られたりもする。

考える習慣と言っても、何も特別なことをしているわけではなく、常に仕事のことを考えるということです。質問にすぐに答えることができたり、他人が思いもよらない発想をする人のことを『頭の回転が速い』と表現しますが、それは頭の回転が速いのではなく、そのことを常に考えて準備しているから、すぐに答えることができるのでしょう。

私は、中学英語くらいの知識がある人なら、十分英語で仕事ができると思っています。それどころか、ビジネスの場で複雑な表現はあまり使わないほうが無難です。誤解を招きやすいからです。中学生レベルの簡単な表現を使ったほうが、間違いがないとすら思っています。

ページの先頭へ