大川隆法の名言|間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。間違った考え方で正しい成果をあげることは難しい。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

高度成長期のように成長曲線が比較的想定しやすい社会では目標を立てやすい。でもいまは先が読めない世の中。こういったときに精緻な目標を立てると、どこかがズレたらすべてが狂ってくる。

考える作業をスピードアップするには、感情を論理に、感覚を数字に変えるのがポイント。

あっという間の人生です。いま充実しているのであれば、それをエンジョイすればいい。クヨクヨしないこと。そもそも人生などどう転ぶか誰にもわからないのですから。

私が修行を積んだ極真空手は、世界的にも猛稽古で知られ、猛稽古を通して己の弱さと常に向き合わされました。その過程で私自身も克己心を養い、大きく成長することができました。舞台は変わりましたが、空手からビジネスという道へ変わっても、道はいまも続いています。

経営者は、その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである。

高い山に登るには、道は一直線ではありません。曲がりくねりながら徐々に上昇していきます。小さな失敗や気づきの連続で、徐々に登っていくのです。

社員教育では善悪を判断する行動基準を教えます。それから人間を大事にすること。たとえば耳の不自由なお客様がいたら、その方のために手話を習うとか、とにかく人に対して優しく親切になるよう教育します。そこから社会への貢献、たとえば店の周りの掃除まで自分からきちんとやるようにすることなどを教えます。

人は、自分のことを知っている人に興味を持つでしょう。だから、私がまず社員を知ることから始めたんです。
【覚書き|リクルートの社内報の編集長に抜擢された当時を振り返っての発言】

ビジネスの目標は継続的に利益を生み出すこと。

我々の時価総額を5倍にできるという自信のない人は後継者になってもらったら困る。

ページの先頭へ