大川隆法の名言|経営とは日々の発見

経営とは日々の発見であり、その積み重ねです。別の言葉で言えば、発明の連続なのです。新商品や新しい販売方法を発明する。販路を開拓する。広告宣伝の方法を開発する。新しい人脈を開拓する。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当の失敗って、何もしないことだと思います。人間、挑戦しないとどんどん衰えていきますから。

リーダーの条件とは、変革を促すこと。

マネジメントといっても、目先の課題のマネジメントばかり考えていると、調整型のマネジメントになってしまいます。A案とB案があったら、どう折り合いをつけるかという発想になってしまいます。私が考えるマネジメントとは、調整型ではなく、提案型です。A案とB案があったら、それを凌駕するC案を提案していくのです。

福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。

私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。

子どもに長所や短所があるのは当たり前です。短所を責めるのではなく、できること、良いところを伸ばしていく。そうすれば、一人ひとりの能力を発揮し、社会で活躍できる場面がたくさん出てくる。

貿易とは人、物、金、情報、これらが国境を越えて動くことを意味します。その貿易のすべてに精通しているエキスパートが日本にどれだけいるでしょうか。商品を海外で売るためには貿易法務をはじめ、厄介な手続きやトラブルが発生するものです。中小企業、特に地方のお客様からは貿易事業に関するすべての相談に対応できる当社のワンストップサービスが非常に喜ばれています。

時間の効率化のためには、頭の切り替えが素早くできることも必要です。交渉の席でも、前の気分を引きずってイライラしていたり怒りを抱えていたりしたら、それは絶対に相手にもわかってしまうので、いい結果は期待できません。ですから、ひとつの仕事が終わったら、結果はどうであれ、いったんそこで忘れる。そして、気持ちを平静にして、新鮮な気持ちで次に向かうようにしています。

老年は我々の顔よりも心に多くの皺(しわ)を刻む。

世の中の期待に応えるという座標軸を見失うと、経営はおかしくなります。

仕事を割り振るときに、どうみても本人の適性に合わないことをやらせる会社はないですよ。結果的に損をするのは会社ですから。ということは、本人の希望とは一致しないにしても、「この人にならできる」「実は向いているはず」「こういう仕事もできるようになれば、もっと価値ある人材になるだろう」といった見込みをもって仕事を振っているはずです。つまり、会社はその人にとって意味のある仕事をアサインするわけです。たとえ割り振られた仕事に興味がなくても、まずはしっかり取り組んでみる方がいいでしょう。

いまのアサヒにはスターは要らない。組織プレーができる営業マンであるべき。社内の専門部隊と連携してほしい。

24時間のうち、人間が本当に高度なレベルで集中できるのは、せいぜい30分から1時間程度でしょう。「ずっと集中できる」ことを前提に予定を組むと必ず失敗するのは、これが原因です。ですから、その限られた集中時間を有効に使えるように計画を立てる必要があります。

ページの先頭へ