大川隆法の名言|経営とは日々の発見

経営とは日々の発見であり、その積み重ねです。別の言葉で言えば、発明の連続なのです。新商品や新しい販売方法を発明する。販路を開拓する。広告宣伝の方法を開発する。新しい人脈を開拓する。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

投資で失敗しないためには、多くの本を読んで知識を身につけることが大切です。しかし、間違った知識で書かれている本は少なくありません。騙されないためには、ビジネススクールで教えているファイナンスの投資理論の知識を身につけておくこと。株式投資をする人にとって必須の知識です。

岩崎日出俊の名言|投資する前にビジネススクールで教えられている投資理論を学ぶことが大切


仕事が忙しくてすれ違いになることが多くても、家族全員で食卓を囲み、最近の出来事や思っていることを話し合える場をつくりたいものです。そうやってコミュニケーションを重ねれば、会話する時間がとれない日があっても、「仕事で頑張ってるな」と相手のことを受け入れられるのです。

枡野俊明の名言|家族の信頼関係を築くには


私は、世の中は「WHY」「WHAT」「HOW」の順に循環していく、という歴史観を持っています。それまで続いてきた価値観やシステムが行き詰ると、「なぜこうなってしまったのか?」といった「WHY」が問われ、その結果生まれた新しい理念に基づいて、次に、やるべきこと「WHAT」の議論が始まる。実行すべきことが決まると、どうやってそれを実行するのは「HOW」が注目され、具体的な技術が研ぎ澄まされていく。技術の進歩が限界に達して息づまると、また「WHY」の議論が始まる。この繰り返しです。

土井英司の名言|世の中は「WHY」「WHAT」「HOW」の順に循環していく


感覚に訴えるアプローチと同時に、データによる裏付けも重要。数字や実例などの客観的データは納得感につながる。写真や図を添えて可視化することも効果的。

井上高志の名言|数字や実例などの客観的データは納得感につながる


私は今でも、ほぼすべての商品を開発段階で試しばきしています。多い時には、1日に300足くらいはくでしょうか。子供用の靴下でも、できるだけ伸ばしてつま先だけでも通します。女性用タイツも、最近まではいていました。ただ、タイツをはいて社内を歩いていると社員から「セクハラだ」と言われるようになり、はけなくなってしまいました。全くおかしな時代になったものです。

越智直正の名言|トップ自ら商品を試すことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ