大川隆法の名言|経営とは日々の発見

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営とは日々の発見であり、その積み重ねです。別の言葉で言えば、発明の連続なのです。新商品や新しい販売方法を発明する。販路を開拓する。広告宣伝の方法を開発する。新しい人脈を開拓する。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

せっかく個人が同意して、微に入り細に入りの顧客データを手にしたのだから、企業は顧客のライフステージにマッチした商品提案に活用しない手はありません。たとえば、開封率が高い請求書などの通知物に、販促的な要素を組み込むトランスプロモーションと呼ばれる手法にも活かすことができるのです。

喚起したやる気を持続させるには、効果を実感できることが重要です。英語学習の途中で挫折してしまうのは、多くの場合、自分の英語力を測定するものさしが曖昧なために、成長を実感しにくいことが原因ではないかと思います。

失敗する人は考えすぎだ。行動しなければ成功しないのは当たり前。理屈はともかく、「やる!」と決めることこそが重要。

大学院を卒業したのが3月。株式公開したのが同年の6月。修士論文を書いているころには、株式公開の準備も最終段階に入っていたのです。これはきつかった。株式公開準備の最後の半年くらいは毎日のようにビタミン剤を飲みながら、こらえにこらえ、耐えに耐え、大量の申請書類と格闘しました。しかし、上場してみれば、これもやってよかったなと、自分の成長になったなと思っています。
【覚書き|50歳で経営大学院卒業と上場を同時に経験した当時を振り返っての発言】

手柄を独り占めしないことが大切。配当にしても金が残ったときに「次回作用に……」とは考えない。そのお金はみなさんがいたから初めてできたわけで、僕がいたからではない。だったら、還元しないとね。握り金玉(何もしない)で懐に入れてしまったら、次はない。1回完結で、使っちゃう。

細胞は1種類だけだと静かにしています。ただ、ある3種類の細胞を混ぜるとスイッチが入って、自ら組織をつくり始めます。その塊を臓器に入れると、まわりの血管を引き込んで循環させ、臓器の組織をつくり、いろんな酵素を出していくんです。この方法で脳や肝臓、腎臓の一部、肺、精巣といった臓器ができることが確認されていて、特許も出願しています。

社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。

出会いというのは力がつけば、相応に巡ってくる。

いま「二極化」や、「勝ち組」「負け組」といった言葉がマスコミで盛んに使われている。こうした思考のベースにあるのが、「勝ち以外は負け」「勝者になれなければ惨めな敗者」という二分法に他ならない。しかし、それは本当なのかという根本的な疑問を、いまから2500年も前に投げかけたのが孫子だった。孫子は中国古代、春秋時代の末期に活躍した孫武という武将が書いたといわれる兵法書だ。孫武は当時の戦争のありさまを考察することにより、勝ち負け以外にもうひとつ、不敗の状態があるのではないかと考えた。

読書をする意味は2つあると思います。ひとつは娯楽の世界。こんな面白い世界があるんだとか、悲しい世界があるんだとか、喜びや悲しみを追体験することで心が刺激される。もうひとつは、いま起こっていることが将来にどんなインパクトを与えるのか。例えば、毎年労働力が数十万人減っていきますよね。これからの世界は、経済はどうなるのかと自分で想像してみる。知的な刺激になりますね。

ページの先頭へ