大川隆法の名言|トップは常に能力の限界との闘いをしなければ駄目

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップは常に能力の限界との闘いをしなければ駄目。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代の人は手本となるメンターをできるだけ早く見つけるべきです。彼らは勝ち方のセオリーを知っています。手取り足取り仕事のやり方を教えてくれるとは限りませんが、どんどん吸収すればいい。そのため、できるだけ接点を増やして、ビジネス芸を伝承してもらう。暗黙知や、秘伝の勝利の方程式を盗むのです。メンターを仮想ライバルとするのも悪くありません。

全社員のベクトルを合わせるため、会社が向かうべき方向を示し、かつ考働していく上で常に中心に置くべきものとして、企業理念を創らなければならない。

私自身、会社自体と経営方針についてわかりやすく説明しようと常に努力しています。なぜそれが必要かといえば、そうすることによって社内だけでなく、社会とのコミュニケーションも良好になるからです。

経営判断は、徹底的に現場を見て、現実を把握しなければできないもの。

施工代理店とのやりとりはフェイスブックを使って開示し、仕事の割り振りに不公平感が生じないように配慮しています。現場の人が損をするような仕組みは、いつか行き詰まるでしょう。お客様、施工代理店、当社のみんなが共に成長していく、Win-Winの関係を実現していきたいと考えています。

何をするにしても物事には必ず成功の原理原則というものがある。成功の原理原則を知らないで努力をしても、その努力が報われることはないし、商売を成功に導くことはできない。反対に、成功するための原理原則を知っている人が、その上で努力をするのであれば、その努力は必ず報われるし、商売は成功するだろう。

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】

ページの先頭へ