大川隆法の名言|「反省」がない企業には、「発展」の可能性はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

「反省」がない企業には、「発展」の可能性はない。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の見る限り社会科学や地理、歴史といった一般的な教養を、日本のビジネスマンはあまり勉強していません。これは問題です。発想や思考の源泉である教養が弱いというのは、変化に耐えられないと自ら言っているようなものですから、自信がない人は意識して教養を高める努力をした方がいいでしょう。

上司から与えられた課題だとしても、自分の課題としてそのことに取り組み、結果にも責任を負う。そういう言動ができる人が、上司のみならず同僚からも評価を受け、信頼されるものなのです。

私は仕事が好きです。今までもずっと常に結果を追求して、組織に貢献してきました。

昨日の自分を信じない。昨日の自分が好きじゃない。昨日の自分に興味がない。何かを成し遂げようというとき、これはとても大切なことだ。何かを成し遂げるためには、延々とその場で粘ることが大事だと思われがちだが、じつはそうではない。自分を成長させるためには、昨日の自分のままではいけないのだ。

特定の上司を選んでついていくと、仕事とはまったく関係のないところに労力を割かなければいけなくなる。非常にくだらないことだ。そのうえ、失脚のリスクもある。

経団連のように提言するだけでなく、行動を通して空気を変えていきたい。

一日にいくつもやることが重なって慌てているときには、優先順位の低い、取り組みやすいものから手をつける。仕事が片付けば気持ちに余裕が生まれて、ほどよい緊張感で最も重要な仕事に取り組めます。ただ、提出期限に間に合わないなどの理由でテンパっているなら、期限を延ばしてもらうしか不安や緊張を取り除く方法ありません。

少人数の時は、素直に「自分が先頭に立って引っ張る」という意識が強くて構わない。でも100人を超えると、一人ひとりに目が行き届きにくくなるから、やる気を促すように盛り立てていく意識を強めていくことが重要になってくる。

日本人ってそもそもアピール下手ですよね。もっとしっかり自社の製品価値を消費者に伝えていかなければならない。

上司を信頼していれば、怒鳴られたって部下はついてくる。信頼関係があれば、何をどう言われようが心に響く。叱るも怒鳴るも大差ない。要は、言葉より「誰に」言われたかの方が大事。

ページの先頭へ