大川隆法の名言|感動を与えるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

感動を与える方法は、相手の気持ちや考えていることを察し、「相手にとって、今、必要なものは何か」ということを読むことです。そこにかけるエネルギーや智慧、あるいは言葉を惜しんではいけないのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すぐできるノウハウなどまったくありません。当社はむしろノウハウ習得とはまったく逆の組織です。
【覚書き|人事採用や社員教育に熱心な理由を聞かれての発言】

パタゴニアやアヴェダを指示している買い手は、商品を支持しているだけではなく、「本気で地球環境を守ろうとしている」という企業の姿勢を支持しています。言い換えれば、企業が打ち出した強力な物語に共感しています。そのため、メイン商品の購入だけでなく、環境関連商品の購入や、企業が開催した環境をテーマとしたセミナーやツアーへの傘下にも積極的です。
【覚書き|パタゴニアはアウトドアメーカー、アヴェダは化粧品会社。ともに急成長を遂げ、熱心なファンを持つ】

いつも自分を少しだけ無理な状態の中に置くようにしなさい。

私は親切にしすぎて間違いをおかすことの方が、親切と無関係に奇跡を行うより好きです。

いくらお客様の前で取り繕っても、素の自分は無意識に出てしまうものです。私はお客様と話すとき、スタッフと話すとき、そしてプライベートで話すときでも、言葉をなるべく変えないように心がけていますし、その意味をスタッフに伝えるようにしています。

技術指標など言い訳の余地のない物差しを使うことにしました。例えば、全国の製鉄所を工程ごとに、生産性や歩留まりなどの指標で並べてみる。誰がトップランナーなのか、なぜトップランナーなのか、現場で何をしているのかを解剖するんです。そのうえで、2番バッターや3番バッターに移植します。例えば、名古屋製鉄所の自動車向け鋼板の生産ラインのスピードや歩留まりがずぬけて高い。この強みを鹿島製鉄所や君津製鉄所へどう伝播するかを、今まさにやっているのです。

日本企業が海外で成長するためには、日本版の製品を海外に輸出するだけでは上手くいかない世の中になりました。いかにローカルに溶け込んで、その地の文化や生活習慣を理解し、その国のニーズにマッチした商品を提供できるか。その力が問われてくる。

ページの先頭へ