大川隆法の名言|感動を与えるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

感動を与える方法は、相手の気持ちや考えていることを察し、「相手にとって、今、必要なものは何か」ということを読むことです。そこにかけるエネルギーや智慧、あるいは言葉を惜しんではいけないのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社会の中でいかに存在するか、この先どの方向を目指すかについて、「広く報告する」広報は企業経営そのものでもあります。社会の共感を得られなければ、企業活動が続けられない時代とも言えます。

知り合いの経営者に、「カネが落ちている」と指摘されて、ハッとしました。
【覚書き|社員たちに整理整頓を徹底させたきっかけを語った言葉。社長就任当初、工場内の整理整頓が行われておらず、機械は汚れ、製品も床に散乱していた状況だった。その後、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を徹底し、同時に技術革新を進め、同社は赤字から脱した】

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。

無駄がなくちゃ面白くないですよね。「無駄だから」「効率が悪いから」と言ってばかりでは、面白いことはできない。

厳しい環境には精神的な強さ、競争に負けない執念が必要なことはまちがいない。しかし、グローバルな社会の競争をみると、がんばりズムや根性論だけでは乗り切ることはむつかしい。やはり、イノベーション、差別化、コア・コンピタンスの研磨をつづけるほかないだろう。

オーディオブックを作るには、出版社の協力が必要です。しかし、ウォークマンが流行した80年代、出版社はカセットブック事業で手痛い失敗を経験しています。音声化事業はうまくいくはずがないと言うのです。そこで、コストはこちらで持つと説得。コンテンツを増やし、事業を始めました。

一人前のすし職人になるには10年かかると言われる。1年目から2年目は魚の買い出しや出前をやり、3年目に魚のうろこを引き、4~5年目でしゃり切りを習い、7~8年目でカウンターに立ち、10年目で一人前になる。しかしこれではあまりにも不合理だし、働く喜びなんか感じられないと思った。そこで、すし職人の喜びはカウンターに立ちお客様に感謝されることだと考え、短期間で職人を育成する「喜代村塾」を立ち上げた。入社1日目に基礎教育と心構えを教え、2日目には見よう見まねでもいいので、マグロとイカを握らせることにした。当社の「喜代村塾」ではすし職人の基礎を約3カ月間で学べる研修を実施している。修了後は3カ月ごとに能力をチェックし、2年で一人前としてカウンターに立てるように教育している。

いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。

「安全」と「技術」と「人」。その3つが揃って初めて安全・安定輸送が可能になる。この鉄道事業の本質・ベースを疎かにせず磨き続けるのが使命だと考えている。

昼休みには最低15分間、1人の時間を確保し、可能ならリラックスできる個室空間で仮眠するのがベスト。パソコンやスマートフォンはいじらず、心身を休めましょう。

ページの先頭へ