大川隆法の名言|商売繁盛のコツ

商売が繁盛し、利益が大きくなるようにしたければ、人に感動を与えることが大切です。これが、業界や業種を問わず、社長から末端の従業員、あるいはパートの人に至るまで、どのような立場の人にも通じる、商売繁盛のコツなのです。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現場が本社の指示待ち状態でいれば、変化の激しいマーケットで置いてきぼりを食ってしまう。重要なのは、それぞれの地域の責任者が市場の実情を踏まえた一手を講じること。

小さいことをおろそかにするから、成果に結びつかない。

日本では戦後30年以上続くファッションブランドは極めて少ない。紳士服に限れば、約30年も続いているのはタケオキクチぐらいではないでしょうか。私と同じ頃に始まったメンズブランドの多くが、その後、姿を消しました。日本では企業も消費者も、ブランドを育てる努力をしてこなかったからでしょう。

日本にとって、そして世界にとってこれからも、経済成長は決して不可能なことではありません。経済停滞は運命ではなく解決すべき問題なのだという視点を常に持ちましょう。

お金持ちになりたいなら借金をしないことです。あなたはローンなどを抱えていませんか?それを返すことと、投資をすること、どちらが確実に徳になるか考えてみたことがないのではないでしょうか?

以前とはお客様のニーズが変わってきています。たとえば商業空間であれば、その場所で過ごす「時間」や「体験」がより重要な要素になっています。昔のように、単に「モノを買う場所」という捉え方ではもはや通用しません。空間を訪れる人々の想いは多様化しており、我々はそのニーズをとらえて、事業を行うお客様の課題解決に全力を注いでいます。

武田のグローバル競争力を早く高めていくには、日本、欧米、新興国の各地域で、かなりアグレッシブだが頑張れば達成できるようなゴールをどう設定できるかが問われる。ゴールが高すぎると先方は押しつけられた印象を抱き、「モチベーションを上げよう」といっても説得力を持たない。逆にゴールが低すぎると誰もが軽々と達成し、成果はさほど大きくないのにボーナスは高いという緩んだ組織になりかねない。ゴールをどこまで高められるかは相手とのせめぎ合いの世界だ。さらにゴール設定後は6~8週間のインターバルで主要拠点を回り、パフォーマンスをチェックし、問題点があれば突きつめ、必要があれば支援を行う。

出世のためには、人事権を持つ人に仕事ぶりを印象付けることが、最も大事であり、実際それを意識した人が出世しているという現実を忘れてはいけない。

指導者に対する信頼も自発的な行動力も、指導者のかける「ほめ言葉」一つが重要なきっかけになる。

クリエーティブな仕事には残業とかブラックという話はない。何時間かけてもやるしかない。それができなければ企業はたとえ効率化しても突然死を迎える時代に入ったのだ。

ページの先頭へ