大川隆法の名言|商売繁盛のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

商売が繁盛し、利益が大きくなるようにしたければ、人に感動を与えることが大切です。これが、業界や業種を問わず、社長から末端の従業員、あるいはパートの人に至るまで、どのような立場の人にも通じる、商売繁盛のコツなのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。

しなやかに問い続け、問題から逃げないこと。キャリアや価値観を絶対化、標準化せず、柔軟に、しなやかに考えなくてはいけません。つくった地図を歩いてみたら、そこに描かれていない別の道に美味しそうな木の実を見つけた。そうしたら、そちらへ歩いていくことを柔軟に判断すればいいのです。

部下を叱らなければならないときもあります。そのときに注意すべきなのは、部下が「叱られるくらいなら、ミスをしても報告せずに隠しておこう」と思ってしまうような叱り方をしないこと。「なんで、この忙しいときにそんなことを言ってくるんだ」もNG。「早めの報告をありがとう」と、まずは報告したことをほめましょう。

意識改革のためにはトップが職員に直に会って、コンプライアンス(法令順守)の大切さ、重要さを説く必要があると判断し、各地の放送局や部局を回りました。

小説を書くだけでは勝てません。いわゆる小説家とは全く違った仕事の仕方をこの10年近くしています。外に行って、人とご飯を食べることが重要な業務になっている。原作として作品を提出するだけは通用しないというのが現実です。書籍単体では、何かよほどのことがないと売れない世の中で、食えない小説家は山ほどいる。それはもう、ネットとスマホにとどめを刺された感じです。

日本は資源も資本も乏しくて、人口のみが多いから生活は豊かでない。それらの人たちの生活をどうして豊かにするかは、事業に携わる者の責任だ。

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。

ページの先頭へ