大川隆法の名言|今までにないものをつくり出さなければ駄目

今までにないものをつくり出さなければ駄目。何かをつくり出さなければ、人の気は惹けないし、物が売れたり、サービスが必要とされたりすることはありません。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近は原画展を開催したり、観客が見ている前でイラストを描く「ライブスケッチ」をしたりもしています。すべては絵の鍛錬のためです。

死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。

僕はまず国内を固めて満を持して海外にいくのが望ましいと思います。あとは、現地の人を採用するなら、現地の人をトップにしたほうがいいと思います。うちは最初だけ日本人が3人行きましたが、現在は1人にして社長は香港人にしています。彼らには彼ら特有の文化やメンタリティがありますから、現地の社長に任せるべきところは任せるべきでしょう。日本人はうまく叱れないんですよね。現地のスタッフも日本人上司から叱られるとへこみますし。

最短で仕上げるという意識を持つこと、各々のタスクに必ずデッドラインを設定し、それまでに終えるよう心がけること。それが段取り力の何よりも大切な前提です。

やり方次第では食べていける。

フッと出てきたときに書いておかないと忘れていく。そんなもんやで。
【覚え書き|枕元やトイレにまでメモ帳を置いている理由について語った言葉】

いくら議論しても上司が理解してくれない場合は、諦めて時期を待つしかありません。

大切なのは企画書を作る前に4つの問いかけを自分にすること。そして、その問いかけすべてに「イエス」と答えられること。これなしに企画書は作るべきではない。これらがクリアできていれば、企画は通るでしょう。

  1. 「心からやりたい」と思えるか。
  2. 「やらねばならない」理由はあるか。
  3. 周囲から共感される「意義」はあるか。
  4. 「オリジナリティー」があるか。

47歳のとき、BMW初の女性支店長になりました。任されたのは最下位で業績不振の支店でした。それはむしろ私にとってはラッキーだったと思います。私の着任前、その支店は誰に任せても業績が回復せず、毎年のように支店長が変わっていました。会社としてもあらゆる手を打ち尽くして、「どうせ誰がやってもダメなら、試しに女性にやらせてみようじゃないか」と考えたのでしょう。だから私のような異色の存在にチャンスが回ってきた。そうでもなければ、私が支店長に選ばれることはなかったと思います。

各事業会社の細かなことには口を出さず、彼らが気づきにくい大きなトレンドを見てアドバイスをしていく。

ページの先頭へ