大川隆法の名言|今までにないものをつくり出さなければ駄目

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までにないものをつくり出さなければ駄目。何かをつくり出さなければ、人の気は惹けないし、物が売れたり、サービスが必要とされたりすることはありません。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の理念にかなわない会社は想定外。情報革命で人々を幸せに、という理念で事業を行っていますが、それ以外はいくら儲かる事業でも、どんなに楽しい事業でも僕らがやっちゃいけないと思う。

完全歩合制の保険営業マンになって、最初は目を疑いましたよ。何せ1か月の給料が1655円しかなかったんですから。もっとも、数か月後には大口契約が連続。月収は1万倍の1850万円になりました。何を変えたか? 大量行動したんですよ。

就寝前の30分間、電車や飛行機などの移動時間を利用して、実用書から小説まで、とくにテーマは決めずに興味のある本から読んでいます。高校までは野球少年で、読書なんてほとんどしていませんでしたが、いまは年間に80~100冊ほど読んでいます。

ボーナスは成果主義にしてあり、3割はどれだけ自律型感動人間に沿ったサービスをしたか、で支給しています。通常ビジネスホテルの支配人は現場で10年働いてなれるものですが、当社では50日の研修で支配人になってもらいます。自律的に人を感動させることを考えている人であれば支配人の仕事はそう難しくありません。支配人には4級から1級までライセンスがあり、例えば3級ですと月に20万円のインセンティブがつきます。

20歳でデビューしてから、ジャンプの編集部には、絶対にマネするな、先輩の足跡を踏むな、と言われ続けたんです。

親は子供のためを思って「あれをしなさい」「これはしちゃダメ」「あなたのためだから」と指導します。親の意見が違うと感じることが出てきても、子供としては「従いたくない自分は親不孝なのではないか」と悩み、従ってしまうのです。これを繰り返し、子供は「親にとって都合のいい子」となり、不満とストレスが蓄積されます。それが元で精神的な病気にかかってしまうこともあれば、ある日突然爆発して、修復不可能な関係になってしまうケースもあります。それを防ぐために、家族であっても「ちょっと遠め」の距離感でいましょう。親としては、子供が悩みを相談したいと言ったら聞いてあげ、何かを教えて欲しいと言ったらアドバイスをする。そうでない限りは見守る、というくらいでちょうどいい。

有名店がどんな素材を使っているか知りたくても、教えてくれるわけないじゃないですか。そこで夜中に店へ行って、その店のごみ箱を漁りました。アーモンドはどこの?卵はどこの?と調べました。

ページの先頭へ