大川隆法の名言|仕事には熱意が大事

仕事には熱意が大事。「あなたが成功しなかったのは、熱意が足りなかったからだ」ということです。ほとんどこれに尽きるのです。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

月単位で考える欠点は、どうしても月末に帳尻を合わせる結果になりがちなことです。月の前半は油断して時間をムダに過ごし、後半で慌てます。1週間単位で考えれば、油断は激減するでしょう。

コロコロ変わる人が嫌われるのは、予測不可能だから。人は先が読めない状況に不安を感じます。たとえばいつも怒っている人と、普段はニコニコしているのに突然キレる人を比べても、マシなのはいつも怒っている人のほう。性格に難があっても、ブレない人のほうがまだ安心できるのです。相手によって対応を変える人も、一貫性がなくて不安を感じさせます。

若い人に任せていかなければいけない。僕にはなかった新しい、若い発想でやってもらえればと思っています。

偉大な事業をなし、比類のない模範を自ら示すことほど君主に対する尊敬をもたらすものはない。

仕事の効率を上げていくには、そうせざるを得ない状況に自分を追い込むことも必要です。極端な話、3日かかる企画書を仕上げるのに、そのうちの2日間を風邪で寝込んでしまった人は、最後の1日でなんとか企画書をつくってしまうものです。そういった「火事場の馬鹿力」を出し続けていると、それが当たり前になり、短時間でより多くの仕事ができるようになります。

血の小便を出すような努力をして、窮しても通ずることができる人間かどうか。経営者にはその資質が求められます。

本来は半年後も変わらぬポストがあるかどうかわからないもの。だからこそ、常に向上心のようなものを持っていないと。

昨日までのことにとらわれているのではなく、常に前を見て変化を自ら創り出す。その変化の創造に挑戦するという姿勢がなければいけない。

私のスケジュール管理で特徴的なことは、私の時間の使い方を秘書が監査していることなんです。人間は放っておくと、すぐ無駄なことをしたくなるんですね。本来なら部下に任せられる出張でも、つい自分で出かけてしまったりします。そこで、「その出張は社長が行く必要があるんですか」「その仕事は、いまやらなくてもいいんじゃないですか」などと秘書に指摘してもらうことで、社長としての時間を最大限に活用できるようにしているんです。

当社製品の国内における占有率・普及率は既にかなり高い。異業種からの参入などを除けば大きな需要は構造的に見込みにくい。当社としては、大量生産に向く生産性の高い新製品を投入して市場の変化に対応するとともに、提案力を強化して更新需要を掘り起こしていきたい。

ページの先頭へ