大川隆法の名言|仕事には熱意が大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事には熱意が大事。「あなたが成功しなかったのは、熱意が足りなかったからだ」ということです。ほとんどこれに尽きるのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時代、時代によって、我々商社の役割というのは変わってくる。いつの時代も、社会に対して我々がどのような価値を提供できるかどうかがベースにある。

四半期ごとの短期で上がった下がったと一喜一憂するより、長期的なトレンドが大事。

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。

トレーニングを始める前に、私がクライアントにお願いするのは、まず「寝る時間を決める」こと。次に「起きる時間を決める」こと。最後に「食事の時間を決める」こと。これができてはじめて、トレーニングに移ることにしています。筋トレだけをしても生活環境が乱れていては健康を損なってしまう。意味がないんです。

商品はローテクだが、それをハイテクで作る。

吉田屋の女将になったきっかけは、「やる気のある若い人に経営ごと旅館を任せたい」という意向を持っていた先代と出会ったことです。もちろん旅館業は未経験でしたが、話があったその日の夜には「やる」と決断しました。

いくら頭が冴えているといっても、その時間を事務処理などに費やしてしまったらもったいない。クリアな頭で集中できる時間帯は付加価値を生み出す作業にあてるということを徹底することが、生産性を高め、収入増につながっていると見て間違いないでしょう。

ページの先頭へ