柳井正の名言|自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日々に激動する現実に、イノベーションを常に意識して立ち向かう。こうしてチャレンジし続けます。そのためには、適切な情報を得ることが重要になります。情報を集め、よく理解することは、前進するために欠かせません。情報がないままでの判断は信頼がおけません。

当社が缶入り緑茶を作ったとき、今まで誰も作ったことがないものでしたが、様々な企業さんからアイデアを出していただきました。

これからも、「ありそうでなかった楽しいサービスをつくるね」と言われるような会社であり続けたいです。もちろん、常に生活者の目線は忘れずに。

優秀な人ほど辞めていく傾向があるということを肝に銘じてほしい。上昇志向が強い人間は、独立心も強いのだから、当然のことである。辞められて困るなら、普段から正当な評価をして雇用責任を果たすべきなのだ。

優れた技術はどしどし導入している。社内にあっても、研究や研究のための施設には惜しみなく資金をかけている。無駄を省いてこそできる贅沢なのである。

ITはヒューマン・セントリック、すなわち人を中心にあるべきだと考えています。人がつながる、夢が形になる。そんなネットワーク社会の創造をお手伝いしていきたい。

すべてにおいて変化の時代、ベンチャー企業にとっては可能性のある時代の到来ですが、旧来型の変われない企業にとっては危機の時代。

私の座右の銘は、「一生勉強、一生青春」。知識を得てもそれを実践につなげたり、活用しなければ意味がありませんが、知識がなければ、むやみやたらに鉄砲を撃っても当たらない。その意味でも、この言葉を大事にしていきたい。

人の成長には「人との出会い」「出来事との出会い」「本との出会い」が必要。

根拠が間違っていたり不確かだったりすると、いくら主張しても説得力はありません。ところが、世の中には意外と、風評にもとづいた主張や議論が多いものです。悩ましいのは、「何か変だな」とは思っても、どう変なのか指摘できない時です。瞬発力を発揮して、「それはおかしい」と突っ込めるようになるには、常日頃、アンテナを張って正しい情報を仕入れ、ビジネスパーソンとして知っておくべきビジネスのメカニズムなどを勉強しておく必要があります。その場ですぐに指摘できない時は、必ず後で調べましょう。

ページの先頭へ