松下幸之助の名言|社員はお得意さまである

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員はお得意さまである。感謝の気持ちを持って接することが大切。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自助というのはやはり予防です。病気にならないように予防しようとか、風邪をひかないように気をつけようとか、それは基本中の基本ですよ。それなのに何かあったら誰かが助けてくれるだろう、守ってくれるだろうとの考えから、抜け切れていないように思います。

ビジネスの世界も、最初から「銀メダル」や「銅メダル」を目指して闘う者はいません。

忙しい現代人は立ち止まってゆっくり考える時間がありません。うつは、心身や人生に問題が起きているという自分自身からのメッセージととらえて欲しい。先を焦らず、立ち止まってみることが何よりの回復につながります。

欲を強く持ち続けることで、絶えず、火事場の馬鹿力を出せるようになる。欲しいものがあるから頑張る。ものすごく欲しいから、ものすごく頑張れる。私が日曜も祝日も関係なく、40年間ぶっ通しで馬鹿力を発揮できたのは、すべて「欲」のおかげ。

食品業界というのは本来儲かるものなんですよ。前職で医療機器や医薬品といつたへルスケア業界にいましたが、その次くらいに社会に役立ち、利益を上げやすい業界だと思っていました。テレビがなくても生きていくのに困りませんが、食べ物はなければなりませんから。実際、海外に目を向ければ、食品会社はどこも高収益を上げている。グローバルな食品メーカーは営業利益率が1 5 % 程度に達しています。

本来飽きっぽい私がここまで続いているのは、しんどくても、やっぱりこの仕事が面白いから。

とくに若いころは、自分と同年代の人が集まる勉強会は学びが少ない。価値ある話が聞けたのは、自分より二回り上の人が集まる勉強会でした。同じような世代、年収の会で真ん中にいるより、お茶くみでもいいから上の会に潜り込んだ方が、ずっと役に立ちます。

価格は一番大きな要素ですが、それがすべてではありません。それは全体の中の8割か9割の要素であって、残りの1割とか2割の部分が重要なのです。私たちは価格のほかに品質、会社の理念などを消費者の皆さんに浸透させていく。それによって安心して買っていただくということを目指しています。

仕事だけをしていても、これからの時代に必要な「考える力」は養われません。空いた時間で自分に投資することこそ、仕事のスピードを高める一番の目的なのです。

人にはいろいろなことが起るし、さまざまな目にあうけれども、情況に対してはみんなある程度責任があるんだ。

ページの先頭へ