松下幸之助の名言|松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

苦悩があるから、成熟する。苦悩したからこそ、新しく成長できる。喪失、艱難(かんなん)、苦悩は、人に豊かなものを与えてくれる。

厄介なのが成功体験です。世の中は変わったのに「以前はこれで成功した」とか「なんで変えるのか」と言い出した途端、成長は止まります。

高校までは、必ず正解がある問題を解いているわけですが、実社会にはなかなか正解が見つからない問題が多い。そういうことに対して、どうやって解決策を見出していくのか。解決策を見出すための手順を身に付け、一生難題に向かい続けるための足腰をどれだけ鍛えていくのかが、これからの大学には求められている。

新規参入が妨げられる状態が続いている限り、その分野は成長していきません。

僕の考える仕事ができる人は、集中できるものを持っている人です。自分の場合は、雑誌のスタイルづくりというものを徹底して研究してきました。そこに集中できたから、いまがあるのだと思います。

尊敬に値する親父が店にいる。その下で働く者が親父の精神を継いで新しい店をつくる。本物をつくる人が街の中に少しずつ増え、そんな姿を見た若者たちが自分も一幸舎の親父になりたいと思う。それを20年、30年と続けていけば、誰にも真似されない本物の企業になれる。

名選手と名監督は違うから、やらせてみない限り名監督は育たない。岩瀬(大輔)がナンバー2で私を支えてくれ、安心できるまでに育ったから社長を譲ったのではない。育てるために譲ったのだ。

住宅メーカーの仕事の醍醐味は、お客様から感謝の言葉をいただくことに尽きます。私が社長に就任したとき、40年も前に私が長野で担当したお客様がお祝いに駆けつけてくださった。40年も経っているんですよ。こんなうれしい気持ちを味わえる仕事は、ほかにはないと思いましたね。

マクドナルドは誰にでも成功を授与するわけではない。ガッツとそれを維持する力が我々のレストランで成功するためには必要だ。

仕事の戦略の部分は一段高い立場になって考えるべきです。係長なら部長の立場に立って考えてみる。逆に先述の部分は一段下の立場になって行動する。この使い分けを自在にできるようになると、仕事の成果はいっそう挙がり、人脈も広がり深まることでしょう。

ページの先頭へ