大川隆法の名言|善をなそうとする人は、悪についても知ることが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

善をなそうとする人は、悪についても知ることが必要です。悪に対して戦う力を持っている人は、やはり、善においても強い。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「それで自分はどうしたいんだ?」と常に自分に問いかける習慣をつけることが重要です。いまの若い人は、状況説明やできない理由の説明は上手いのですが、「結局どうしたいの?」と聞くと、途端に口ごもってしまうことが実に多い。それは、自分の意見がないからに他なりません。要するに、自分が意見を言うと、結果に対して責任をとらなければならなくなってしまうのが嫌なのです。

自分にとっての転機は海外赴任でした。3年間の刺激的な海外赴任の中で、過去に経験したことがない課題、答えのない問題にどう取り組むか、ということを学びました。

継続することが大切。一度やめるとすべてが台無しになってしまうことがある。

ゼロベースから考えるとは、情報収集の範囲を広げ、様々な可能性に耳を傾け、より幅広い問題を提起し、「Why」を5回繰り返して、どこがボトルネックになっているかを考え抜く作業です。この手法は個人の変革でも同じです。

情熱がなければ、仕事は単なる労働になり、退屈だけれどもしなければならないものになってしまいます。私が一人で始めたケータリングサービスの仕事を無限の可能性をもつ企業に成長させられたのは、仕事の負担を軽くするヒントを一人でも多くの人に伝えたいという情熱があったからでした。

弊社はデータ至上主義に走っているわけではありません。私自身、経営をしていく上で感じる直感や違和感、現場から直接上がってくる従業員の声は、非常に重視しています。

機器だけで儲かってきた時代は変わった。それでも視点を少しずらせば、我々がやるべきことはたくさん見つかる。

ページの先頭へ