大川隆法の名言|善をなそうとする人は、悪についても知ることが必要

善をなそうとする人は、悪についても知ることが必要です。悪に対して戦う力を持っている人は、やはり、善においても強い。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報があまりにも少ないときは判断せずに待つのも手。また、まれに時間を置くことで状況が変わることもある。

国外進出で成功するには、3つの条件があります。第一に事業の地歩を着実に築くための時間。第二にチャンスをつかむ勇気。第三に困難に耐え自分をレベルアップできる持久力です。この3つを備えていれば、中国に限らず、世界中どこへ行っても成功し、強いブランドを築くことができると思います。

大事なのは、日常業務の中に教育につながる仕事を数多く組み込むことです。

(総合商社は各社)お互いに手がけるビジネスモデル、事業領域、得意な領域、これはだいぶ変わってきている。各社それぞれ強い部分があって、そこに行ってもかなわないし、変な競争をする必要はない。

雑談を重視しているのは、会議では伝わらない「際どい話」を共有できるから。ミスの8割が「言ったつもり」というコミュニケーション不足によるものです。雑談でコミュニケーションを活発にすれば、そうしたミスは防げます。雑談文化が根づいたことで、不良品の発生による返品率が150分の1以下になる効果もありました。

知らないことが減るのが成長だといわれますが、僕は逆で、知らないことが増えるのが成長だと思っている。

負の遺産にもいろいろなタイプがありますが、多くの場合、ある時代には資産だったものが、時代に合わずに負債になる。その生みの親である人物が特定されている場合、負債の清算作業には二つの側面があります。まず、生みの親とどう接するか。次に、周囲の人たちをどうやって新しい方向に導いていくかです。

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。

即戦力になる人材を見分けるコツのひとつは、強い領域、得意な領域を持っているかどうかが重要です。いわゆるゼネラリストはあまり評価できません。人は大方、会社に入ったときはゼネラリストですよね。しかし、3年、4年……と企業に身を置くなかで、徐々にそれぞれ自分の得意な分野をもつようになります。そうしたなかで、どれだけスペシャリストになれるかがとても重要で、これは大きな分かれ道になる。とりわけ30代は、いかにスペシャリストとしての自分を確立するかが問われます。

私はあなたを理解していますよと伝えるには、相手を認めるということが必要です。相手の存在や立場、気持ちなどを認め、その人や会社が素晴らしいことを認めるのです。

ページの先頭へ