大川隆法の名言|護るべきものは護り、捨てるべきものは捨てる

経営者にとっては、「護るべきものは護り、捨てるべきものは捨てる」という考え方が非常に大事。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

迷いが生じるのは、志がなくて表面的な目標だけを追いかけているからでしょう。一流のリーダーたちは高い志を持ったうえで、それを目標に落とし込んでいます。ベースに志があるので、多少の困難があってもびくともしない。

小宮一慶の名言|迷いが生じるのは、志がないから


好きなことを続け、ひたむき努力をする限り、私たちは誰しも何かしら成長することができる。社会的な成功や名声を得るといった表面的なことよりも、それ以上に、はるかに意義深いものがそこにある。

佐藤優の名言|好きなことを続け、ひたむき努力をする限り、私たちは誰しも何かしら成長することができる


新しいことを日々やっているので、毎日がスタートです。今年を飛躍的成長の起点と捉えており、組織を根本から変えていきます。

益本康男の名言|毎日がスタート


石橋信夫オーナーに出会えたことは幸運でした。会社と社員と家族、協力会社のことを常に思う人だった。「この人は本物の経営者だ」と思いました。大和ハウスが今あるのは、オーナーのおかげだと心底思います。

樋口武男の名言|大和ハウスが今あるのは、オーナーのおかげ


電子カルテをやっている会社は結構多くて、電子カルテのみでは単純な値下げ競争に巻き込まれてしまう局面も多分にあります。当社の場合は電子カルテだけではなく、画像データの管理や検査結果を一括管理するシステムを開発・販売しているんです。大企業が手をつけないニッチな世界ということで、利益も高くなっています。

相原輝夫の名言|大企業が手をつけないニッチな世界ということで、利益も高くなっています


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ