西室泰三の名言 格言|従業員教育にはお金をかける

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は従業員を大事にしたいと思っています。それこそ縁あって東芝で一緒に仕事をしているわけですから、教育にもお金をかけています。【覚書き:東芝社長時代の発言】


西室泰三 の経歴

西室泰三、にしむろ・たいぞう。「東芝」「東京証券取引所」「日本郵政」社長・会長。山梨県出身。慶応義塾大学経済学部卒業後、東芝に入社。以後、東芝アメリカ副社長や常務、専務を経て社長・会長を務めた。そのほか、東京証券取引所社長・会長、日本郵政社長・会長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「絶対に自分はそうなるから見てろよ」っていう気持ちを最後まで捨てないこと。それが最後には行動になり、周りの人を動かし、助けてくれる人も出てきて、必ず結果につながっていくと思います。

事業の進歩発達に最も害をするものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である。

私は社内にはない特殊な才能を持っている人材が必要なときには、成功報酬型の条件で外部から招くことが最も有効だと思っています。プロ野球の世界では、有力な選手の獲得のために数億円の年俸を出したりするのですから、ビジネスの世界でも外部から成功報酬型で人材をスカウトしてくるのは何も驚くほど新しいことではありません。

過去における経験から考えて、競争が激しく市価の安いときほど進歩がある。技術でも経営でもそういうときにはいろいろ工夫や改良をして対抗するし、また行きがかりや習慣を捨てて何でも実行しやすいのである。それゆえ私は常に不景気にいかに処するかが経営の値打ちの分かれるところで、不況を乗り切るものは必ず成功すると考えている。不況に際しては、不況をありのままに受け取って、みんなでこれを合理的に克服することである。

人間というのは中途半端にやったものは逆境が来た時に諦めてしまう。でも、本気でやったものは諦めきれないんです。悪い人に騙されたからと言って、世の中こんなもんだ、社会なんてこんなものだって思ったら、心が貧乏な人間になってしまう。だから、いい人間を見分けられるようになろうと思いました。

経営は一つの経営指標で判断できるほど単純ではありません。それだけに、新しい経営指標を取り入れて多角的に分析できるようにしなくてはなりません。しかし、忘れてはならないのは、基礎データが正確でなければ、間違った結論が導き出されるということです。

企業というものは社長一人が優れていても、たいしたことではないんです。全社員がそれぞれの能力を十分に発揮できるような、一人一人が気持ちよく働けるような職場づくりをしなければ業績は上がりません。

ページの先頭へ