大川隆法の名言|耳触りの悪いことを受け止める度量を

経営者は耳に痛いこと、耳触りの悪いことを受け止める度量を磨かなくてはなりません。クレーム処理は非常に大事であることを知ってください。クレームに耳を傾ける気持ちがトップにあれば、下の者も、そういう姿勢をだんだんに示すようになるのです。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営の数字に関して注意していることは、リスクを限りなく低くすることです。たとえば、普通店舗の運営には初期投資がかかり、その回収にまず3年くらいかかるといいますよね。でも2号店も3号店も「居ぬきでなければ無理」という条件を出して交渉し、ビルのオーナーに内装をほとんどやっていただき、初期投資をかなり安く抑えることができました。

とてつもなく稼ぐ人たちも、初めから順風満帆だったわけではない。苦闘の時代はお約束のように経験している。

「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。

「変化はビジネスチャンス」と捉えていますので、景気の良し悪しははっきりいって、そう気にしていない。仮に悪くなったとしても、その先にチャンスが必ずある。

企業は利益の奴隷であってはならない。

一番の問題は、他者のことを思いやれないほど、社員を追いつめることです。追いつめられると、人間は自分のことで手一杯になる。すると他人の苦労、骨折りに対して、感情移入もできず配慮もできなくなるのです。追いつめられた人が多くなると、社風は悪くなり、社会にも伝染していく。そして悲しいことに、追いつめられた人は、自分より弱い人に当たるのです。それがつながっていくと、いずれは社会の一番の弱者にそれが行く。どこにも当たるものがない弱者は、やり場のない怒りを持ち、今度は不特定多数に怒りをぶちまける事件を起こしてしまうわけです。

いまのような乾いたIT社会では、人はむしろ潤いを求めています。世の中のIT化が進めば進むほど、情緒的でアナログな人間関係が求められるようになっていくはずです。

できない日があっても自分を責めません。ただし、やらなかった理由はちゃんと記録しておきます。二日酔いだったとか、雷雨で気分がふさいでいたとか、自分のやる気がでない心理状態を理解しておくことも、習慣を長続きさせるための重要な手がかりになるのです。

現状に安住してはいけない。前例や常識にとらわれず、新たな発想を持って大改革を進めていく必要がある。

目の前の出来事に意味を与えるのは人間の認知で、ある人から見ればピンチでも、他の人から見ればチャンスになり得ます。失敗や挫折を乗り越える力、挫けない力とは、認知を変え、現実をありのままに見て、受け入れ、最善の行動を起こす力のこと。

核は地域密着のキラーコンテンツを作ろうということで、アイデアが勝負。仕事としては在庫が要らないため、いろいろなことができるところがいいですね。

あれはダメとか言わずに、与えられたものは何でも全力でやってきたことが相まって、今日の僕の基礎となった。

「あいつ、おかしいんじゃないの?」と思われるくらい、とにかく自分を褒めまくれば、最高に緊張したときでも、普段と同じパフォーマンスが可能になります。肝心なのは特別なプレーではなく、どんなときでも、いつもと同じプレーができることなのです。

ページの先頭へ