大川隆法の名言|耳触りの悪いことを受け止める度量を

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は耳に痛いこと、耳触りの悪いことを受け止める度量を磨かなくてはなりません。クレーム処理は非常に大事であることを知ってください。クレームに耳を傾ける気持ちがトップにあれば、下の者も、そういう姿勢をだんだんに示すようになるのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

妙な法律をつくって、多くのゾンビ企業をつくるくらいなら、新しい発想を持ったベンチャーを育成した方がよっぽどいい。

ロマンとビジョンがあるから、意欲も出て諦めない執念も出てくる。ロマンとビジョンがない人は、途中で諦め、障害を認めてしまいがち。

20世紀半ば、米国の自動車産業が勃興し、中心地だったデトロイトは繁栄を極めました。でも、その地位にあぐらをかいて進化のスピードを緩めた結果、過去の栄光は見る影もなくなってしまった。

「緊張しちゃいけない」と思うとさらに力が入ってガチガチになってしまう。「緊張するのは気持ちが前向きになっている証拠だ」と考えて緊張そのものを受け入れてあげれば、肩の力もスッと抜けるのではないでしょうか。

幹部に中期計画の作成を頼んでも作れない。社長が自ら中期計画を作っているようでは、会社は成り立たないですよね。仕方なく、血を変える、組織を根底から変えるつもりで、どんどん外部から採用しました。しかし能力、スキルの高い人が入社しても、定着率は10%未満。なぜかというと、社風が合わずに能力が発揮できず、不満が溜まって退職していくんです。

本は必ずしも全部読む必要はありません。メールマガジン用に、毎日一冊読むと決めていますが、そのための時間は一時間しかとっていないので、エッセンスとなる部分を探して読みます。じっくり読みたいと思う本は、時間に余裕がある週末に読むようにしています。

雑談は議論の場ではありません。ビジネスの現場で、わざわざ対立のもとになりかねない話題を振った結果、相手の気分を損ね、仕事を失うようなことになったら、元も子もないですよね。

ページの先頭へ