大川隆法の名言|不敗の地に立つことが大切

私が重視していることのひとつに「不敗の地に立つ」という考え方があります。常々、「これを押さえ込んだら負けはなくなる」というものがないかどうかを考えることが大切。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

パワーポイントで発言の要旨をわかりやすく見られるようにすれば便利ですけどね。でも、感情を伝える肉声の部分が軽視されてしまい、感情が伝わりにくくなると思うんです。なんでもかんでもパワーポイントを使うのは、過度のIT依存症です。私は、社内のパブリックスピーチや全体朝礼など、大勢の前で話すときには、パワーポイントを使わないようにしています。

鈴木喬の名言|パワーポイントを使う短所


私は『DUOセレクト』を覚えるとき、見出しになっている例文だけひたすら反復して、解説や類語などは読み飛ばしました。あわせて覚えたほうが応用力がつくという意見もありますが、最初の暗記はできるだけ負担を減らすことが大事。頭をできるだけ使わず、身体で覚えるほうが得策。

藤岡頼光の名言|最初の暗記はできるだけ負担を減らすことが大事


重要なシステムとは、社内のどれだけ影響を及ぼすかが尺度になります。そのシステムにトラブルが発生したら、どれだけの顧客や取引先に迷惑をかけるのかどうかで、重要度を区分すればいいわけです。

浜口友一の名言|システムの重要度の区分の仕方


私も日生時代、顧客の経営トップに気に入られるために、その人の郷土料理を自宅に届けたり、土下座やウソ泣きも何度やったか分からないぐらいやりました。芝居を打ってでも、顧客に気に入られるように努めるべきです。

鈴木喬の名言|芝居を打ってでも、顧客に気に入られるように努めるべき


戦略とは「中長期的に維持可能な競争上の優位性を築くための経営資源の傾斜分配」を意味する。この原点に立ち、経営トップ主導で事業構造を見直すと同時に、人件費を一律何%カットするとか、売上比率何%カットするといった硬直的な人員管理ではなく、本当に必要なところに人員を傾斜配分する戦略的マネジメントを追求すべきなのだ。

高橋俊介の名言・格言|一律の人件費カットよりも、過剰人員を不足部署に配置換えする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ