大川隆法の名言|不敗の地に立つことが大切

私が重視していることのひとつに「不敗の地に立つ」という考え方があります。常々、「これを押さえ込んだら負けはなくなる」というものがないかどうかを考えることが大切。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金を使えば失敗もします。でも失敗だって貴重な財産。失敗の経験がないと、怖くて使えなくなってしまい、歳とってから大失敗したりする。

組織が存在するのは組織自身のためではない。自らの機能を果たすことによって、社会、コミュニティー、個人のニーズを満たすためである。組織とは目的ではなく手段である。

トップが目標を掲げても、現場が腹落ちして本気で動き始めるには3年はかかりました。

多くの管理職は、経営上部とのやり取りを「生臭い話」や「機密事項」といって、部下に話すのをためらいます。しかし私は、情報開示はなるべくしたほうがいいと思っています。もちろん、部下には話せない情報もあるとは思います。でも、チームの一体感をつくるうえで、情報開示は非常に大事です。管理職と同じ問題意識をメンバーにももってもらうためです。

自分たちが本当にやりたい、面白いと思えることを大真面目に追求したコンテンツや商品、イベントだからこそ、周囲から支持していただいている。

たとえばクラウドサービスを使えば、会議の議事録をリアルタイムで作成し、その場で全社員に公開することができます。ところが課長、部長、担当役員と順番にハンコをもらわないと議事録公開が認められないような会社では、それができません。スピードは失われ、クラウド環境を使っている意味がありません。

企業が社会的要求に関心を持ち、社会とともに発展するように促すことは、企業のもうひとつの責任だ。私はこれを企業の「見えない責任」と考えている。

上位2割に入る人と、それ以外の人。何の差かといえば、勉強量の差です。同じ大学を出て、入社当時はほぼ同様の能力でも、30代後半から40代前半の頃になると、その差が想像以上につく。勉強を怠っていた人がそのときに気づいても後の祭りです。

生徒一人一人の個性を尊重しながら、きめ細かな指導により、それぞれの目標達成を支援しています。生徒は、この目標達成を繰り返し経験することで、学力だけでなく自信とやる気を高めていくのです。

我々の役割は、信頼性が高く高品質なシステムを提供すること。電動化によってクルマが単純化し、今までのような作り込みが必要なくなるという人もいる。でも、そうじゃない世界もあるんです。世界中のクルマがゴルフカートになるとは思っていません。

ページの先頭へ