星野佳路の名言|管理職は立候補制

うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。

星野佳路 の経歴

星野佳路、ほしの・よしはる。日本の経営者。星野リゾート社長。長野県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、米国コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。日本航空開発、シティバンクを経て、星野リゾート社長。リゾナーレ、アルツ磐梯リゾート、アルファリゾート・トマムなどを傘下に収め、ホテルや旅館の再生事業を行っている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

エッジが立っていて「刺さる言葉」こそ人の心に残る。刺さらなければ、その言葉は耳の右から入って左に抜けていくだけ。

井上慎一の名言|「刺さる言葉」こそ人の心に残る


コア事業にこだわっていては一本足打法になってしまいます。

津賀一宏の名言|コア事業にこだわっていては一本足打法になってしまいます


部下が面白い仕事、やりがいのある仕事ができているかは、マネジャーにとって重要な評価項目。

程近智の名言|部下が面白い仕事、やりがいのある仕事ができているかは、マネジャーにとって重要な評価項目


相手を褒めたり、長所を認めることの大切さは現場でエンジニアをしていたときに学びました。たくさんの人たちが連携する現場でいい仕事をしようと思ったら、互いのいいところを認めていかないとものごとは進んでゆかない。

数土文夫の名言・格言|互いのいいところを認めて仕事を進める


『淮南子(えなんじ)』には「年五十にして四十九年の非を知る」とあります。当時の五○歳は老人に近い年齢ですが、そんな年齢になっても、過去の人生の過ちを反省し、自らを変えていくことができる、という教えです。現代においても、社会の活力を生み出す「イノベーション」は、変化のなかから出てくることが知られています。変化を恐れていれば、生き残ることはできません。

守屋淳の名言|変化を恐れていては生き残れない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ