星野佳路の名言|管理職は立候補制

うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。

星野佳路 の経歴

星野佳路、ほしの・よしはる。日本の経営者。星野リゾート社長。長野県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、米国コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。日本航空開発、シティバンクを経て、星野リゾート社長。リゾナーレ、アルツ磐梯リゾート、アルファリゾート・トマムなどを傘下に収め、ホテルや旅館の再生事業を行っている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お陰さまでテニスと言えばWOWOWというくらいに認知されてきている。ところが私が来た頃、営業はテニス中継に反対していました。実はテニスの試合は編制泣かせなんです。1試合にかかる時間が2時間もかからないこともあれば、5時間かかっても終わらないこともある。これでは番組編成が組めません。だから地上波は撤退していったんです。当時、WOWOWでは、全米、全豪、全仏の3大会は中継していたのですが、全英選手権、つまりウィンブルドンは中継していませんでした。そこで、「やるなら徹底してやる」として、全英も中継することにしました。

占拠率の科学としての結論は、その力関係における絶対有利の条件が、すなわちナンバーワンだけであるということに帰着する。およそ差別化のない純粋競争における力関係の下では、ナンバーワンだけが安定し、有利となる。それ以外には絶対に安定の条件はない。

値上げ交渉は断られてからが本当の始まりです。はねつけられることも想定して、どの段階でどのステップを踏むか、交渉プロセスを事前にプランニングしておくことが重要です。何と言われても諦めず「一緒に解決法を見つけたいので、ぜひ協力してほしい」という態度で交渉を続けてください。

目指すべき父親像ってなかったんですよね。どういう父親になったらいいかわからなくて、自分は娘のために何ができるかな?と模索していました。

アタマで考えると「大変だ」「辛い」と感じると思う。けれど、今僕は感じたままに動いている。震災後は理詰めで考えず走り始めているから、なぜか疲れないし、充実している。

会社において、定年までつつがなく、大過なく勤め上げようという人ほど、妬み、そねみの気持ちを持つことが少ないのではないでしょうか。逆にやる気がある、上昇志向の人ほど、そういう気持ちを抱くのだと思います。だから、そんな気持ちを持っていると認めたうえで、自分にはまだやる気があるのだと、肯定的に考えた方がいいと僕は思います。

ビジネスで成功するためには、「根性」も大事な要素の一つ。「失敗しない方法は成功するまで続けることだ」とよく話をするのですが、物事を徹底してやることがそれだけ難しく、重要であるということです。

三井物産は商売を生業としている会社なので「信用」で成り立っているんです。根幹の信用がなくなれば、立つ基盤がなくなります。

データに基づく本質的な指摘をすれば、犠牲を伴う決断でも現場はついてくる。

気配りは究極の段取り。

景気が悪いから売り上げが上がらないというのは敗者の論理。景気は自ら作り出すもの。

アイデアや部下への指示、アドバイスも紙に書きます。先日、ある社員のノートを見たら、私が渡したメモで埋まっていました。メモを書けば「忘れても構わない」ので、安心して別のことを考えることができます。

これからは人も企業も「永遠のベータ版(未完成品)」でなくてはならない。もし今が完成形ならば新しいつながりも不要でしょう。しかし、そうであれば新たな成長は望むべくもない。

ページの先頭へ