大川隆法の名言|まず考え方を正すことから始めなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は裏方に徹して愚直なまでに顧客満足を追求してきた。一番大事にしてきたのは、お客様の信頼を得ること。

氣多大社の古文書にあった空飛ぶ物体の記述を発見したあと、具体的には何も決まっていないのに、「羽咋(はくい)はUFOの町」という既成事実づくりを進め、その後に、UFOうどん、UFO饅頭が登場。市民も徐々に盛り上がっていきました。結果、議会で予算が承認され、90年11月、羽咋市主催の「第1回宇宙とUFO国際シンポジウム」が開催されたのです。

今までもグローバル展開してきたとはいえ、あくまで中心は日本でした。しかし、リーマンショック以降、市場構造は大きく変わった。すでに世界を6地域に分け、地域に合わせて事業展開する取り組みを進めていますが、今回は単なる現地生産ではなく、「ものづくり」の本質部分から現地化させます。それぞれの地域に合った商品開発を現地で行い、それを実現するための部材調達も行える体制を構築していきます。

30代後半で店舗全体のマネジャーを務めていた頃、自分から減給を申し出たこともある。いくつかの店舗で「残業が多い」という理由で辞める人が出て、一部にサービス残業があることもわかった。薄々感じていたけれど黙認していたことを、責任者として罰せられるべきだと思った。ケジメをつけてから、改革は進めようと思った。その後は退職者が目に見えて減り、今では流通業でもかなり低い退職率を誇っている。

わかりやすい文章を書くためには、その文章で「最終的に何を言いたいのか」を、最初に決めておくことです。実際の文章の書き方としては、最初に最後の一文を書くのが良いでしょう。結論を最初に書いてしまうのです。それから逆算して考えていく。すると全体の構成が決まります。ここまでやってから書き出せば、必然的に論理的な文章になるわけです。

40代前半は、マネジャーになる人が多く、ビジネス人生の大きな転換期です。当然、プレーヤー時代とは異なる視点を獲得しなければなりません。

ホンダは役員も一般の従業員と一緒の食堂で昼食を食べることになっているのですが、ホンダの工場でライスカレーを食べたら肉が入ってなかった、と言ってくれた人がいた。あんなものを食わされていたら、みんな働く気がなくなるんじゃないかと親切に言ってくれた。食事の不満は何かの形で爆発するものです。たとえば、旧制高校の賄(まかな)い征伐とか、軍隊でのそれです。では、不満の内容にするにはどうすればいいか。それには、労働組合と会社側とが一体になって運営すればいいのではなかろうかと思った。

思考のクセを知るにはセルフトークノートをつけること。その日あった様々な出来事と、それに対して自分がどう感じたかを率直に書く。私自身、以前は本当の意味での感謝などほとんどできていない人間でした。むしろメダル獲得後、もっと自分は注目されていいのにと、不平不満が募っていたのです。セルフトークノートをつけ、後から読み返して、バカじゃないのと思えるくらい、自分の思考が偏っているのを感じましたそこから少しずつ、思考のクセに気づき、直していきました。

私は仕事も勉強も、人生における「祝祭」だと考えています。新しい仲間と出会い、新しいアイデアを考え、新しいモノを生み出す。新しい意味が生まれる場所は、すべて祝祭の場となります。それを祝う心で、何事にも上機嫌で相対することができれば、いつしか小さい自分を乗り越えていくことができるはずです。

英語に限らず、どんな勉強でも成功するかどうかはモチベーション維持がカギです。TOEICはスコアによって現在の英語力や目標までどの程度不足しているかが明確にわかります。年8回と受験機会も多いので、いいリズムを保ちながら勉強が続けられます。

ページの先頭へ