大川隆法の名言|まず考え方を正すことから始めなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中間管理職が部下を育てるためには「フィードバック」が有効。フィードバックとは、良くない行動を取っている相手に対して耳の痛い指摘をするとともに、正しい行動へと立て直すサポートをすること。

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。

(イントラネット内の社長通信の)画面からは直接私に返信できるようになっており、返信が来ると印刷し、手書きで返事を書きました。手書きの方が嬉しいでしょうし、書き手の熱意や思いなどの感情が表れ、迫力が伝わるからです。

上司のご機嫌ばかり伺うイエスマンを出世させると、仕事を遂行する能力を持たない人が台頭してきます。こうして会社は仕事ができない組織になっていく。

自前で工場を持っていなければ、いまの値段で利益は出ませんね。

引退5年前に前線から退きましょうというのは意味があって、社長が現場を握っていると物事が引き継がれないからです。社長の頭の中に会社の設計図が全部入っている。それを伝えないと、後に続く人たちがどうしようもない。社長がいなくても会社が回るようにするためには、それくらいの期間が必要なのです。

ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。

ページの先頭へ