大川隆法の名言|役立つ仕事をしていれば、それなりの経済的な報酬が与えられるようになっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

この世の中では、世間様から見て、お役に立つ仕事をしていれば、それなりの経済的な報酬が与えられるようになっています。必ず、そうです。しかも、業種を問わず、そうなのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

話すことが苦手な人が、うまくコミュニケーションを成立させるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは自分にも相手にも話す力がないという前提に立って、相手に近づく努力をすることです。

我々は、時に、質問の中で因果関係の決めつけを行っていることに自覚的でないので注意しよう。不正確な質問は、答える側に余計なストレスをもたらすし、効果的な情報収集の妨げになる。

変化が速く、予測が難しい現代は、現場で課題を発見・設定、そして解決する力が求められる。

グローバル化によって世界の様々な人たちが繋がれば、意思決定が複雑になり、企業の成長を阻害します。それを防ぐためにグローバル企業が実践しているのが「経営陣のスリム化」です。例えばユニリーバでは7人以上は増やさないと決めています。

会社が生活のすべてだと、会社の中のことしかわからず、外で起こったことには勘が働かない。でも、その範囲を広げていけば、さまざまなことに勘が働くようになります。皆さんも、いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください。

経営戦略として考えたのは、小さいお金を継続的に集めること。1社から100万円もらうというやり方だと、その1社に切られたら終わりです。それよりも、1万円を100社からもらうほうがいい。かつ、継続的にお金が入ってくるモデルを確立すれば、雇用は安定します。月額のメール配信システムというモデルを選んだのは、そんな狙いもありました。

僕にとっては、高校を出てすぐの92年にプレーしていたオリックスの2軍、あのチームの雰囲気は最高でしたから、すごく楽しかった。でも、楽しいのと面白いのとは、ちょっと違うと思います。いまだって、草野球の中に入って野球をやれば楽しいし、きっと笑いっぱなしですよ。でも、おもしろさというのはそういう次元では味わうことができない。

最初に行なうべきは、「中学英語の復習」です。その類の本はたくさん出ているので、単語と文法を学べる本を一冊ずつ買ってきてやり直します。リスニングの練習も兼ねるので、CD付きの本を選びましょう。「いまさら中学英語?」と思うかもしれませんが、書店で立ち読みして、わからないところがあったら素直にやり直すべきです。中学英語の理解が中途半端なままだと、TOEICの解説書を読んでもわからないところが多く、学習効率が悪いからです。それではストレスが溜まり、挫折のもとになります。

死にかかった魚から臭くなる。トップ自身の活性化をはからないと企業の存続は難しい。

自分が使いこなせる英語をしっかり使い、自分にしか伝えられないメッセージを伝えればいい。

ページの先頭へ