大川隆法の名言|組織は、放置されると、壊れていくか、死んでいくものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

組織は、放置されると、壊れていくか、死んでいくものだ。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

難しい時代を生き抜くうえで、当社には疑いないようなく、はっきりとしている重要な経営指標があります。それが「顧客満足度(CS)」です。ゲスト(顧客)の満足度が向上すれば、来園頻度が高まり、入園者数が増えます。売上高や利益といった数字は自然についてきます。

会食中は常に相手の先の行動を読み、至れり尽くせり感を与えましょう。飲み物がなくなりそうになったら「何を注文しましょうか」と声をかけるのは当たり前。お酒が進んでいれば、頼まれなくても「お水を一杯いただけますか」とウェイターに言うと「こいつ、気が利くな」と思われます。これはチェイサーテクニックと言い、女の子はワーッと喜びます。

周りからの評価を上げるために、一番簡単なのは行動を変えることだ。なかでも効果が大きいのは発言である。発する言葉が変われば、周囲の見方が変わってくる。リーダーの場にある人なら、職場のムードをえることもできる。

「敵は内側にいる」可能性がある。従業員の不満が多い会社では、社内の情報が故意に漏洩されるようなこともある。

管理職には、「3K」で臨んでほしいと言っています。期待して、鍛えて、活躍してもらうのです。

財布は職場のデスクや自宅の部屋の縮図である。一日の中で最もモノの出し入れが多い場所だからだ。ときどき、レシートなどがたまって、原型がわからないぐらい変形してしまった財布を見かけるが、その人のデスクや部屋はほぼ例外なく散らかっているか、書類やモノであふれかえっている。

起床すると脳には外界の刺激が一気に押し寄せます。これは脳の神経細胞にとって大きな負荷。人体はそれに対応すべくコルチゾールというホルモンを副腎から分泌します。過酷な環境に置かれる脳を守るのです。週末もいつも通りに副腎から分泌されるのに、寝坊するとコルチゾールと脳の状態がチグハグ強タイミングになり、週末、たっぷり寝てエネルギーチャージしたと思っても、かえって頭が重い、体調不良になるのです。もし週末に長めに眠りたいなら前夜の就寝時間をいつもより早くすれば脳への負担は少なくなります。

ミスや失敗を恐れてはいけない一方、同じミスを繰り返すのはよくないですね。ミスをしてしまった時は、冷静に事実を振り返って、再発防止の仕組みを考えることが大切。

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。

コミュニケーションでは、必ずしも饒舌である必要はありません。ただ、真摯で誠実でなければ、伝えたいことも伝わらない。それがゴールデン・ルール。

ページの先頭へ