大川隆法の名言|人間に、乗り越えられないものはありません

人間に、乗り越えられないものはありません。智慧を絞って、乗り越えるべきものは乗り越えなくてはなりません。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

早稲田大学の学生だったころ、4年生でキャプテンに選ばれるとすぐ、それまで40分だったフィットネスのトレーニングを20分に短縮しました。40分もやるのがずっと嫌でたまらなかったからです。短縮したといっても、それまで40分でやっていた内容を、あれこれ研究して20分でこなせるメニューに変えました。パフォーマンスを犠牲にしたわけではありません。

清宮克幸の名言|短時間で同じ成果が出るにはどうすればいいか考える


これまでの成長の過程で、チェックリストがいっぱいできたり、承認印が増えていったりしました。仕事の精度を上げる方向には向かいましたが、それはスピーディではありません。

宮坂学の名言|制度を見直すことの大切さ


わかりやすく伝えるために意識していることは、準備とリハーサルを徹底的に行うことです。話す相手は、男性か女性か?学生か年配か?憲法の話をするのであれば、護憲派か改憲派か?聴衆をイメージして、どのように切りだしたら関心をつかめるのかを考えます。

伊藤真の名言|話す相手を明確にし、準備とリハーサルを徹底的に行うことの重要性


会社が生活のすべてだと、会社の中のことしかわからず、外で起こったことには勘が働かない。でも、その範囲を広げていけば、さまざまなことに勘が働くようになります。皆さんも、いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください。

澤田秀雄の名言|いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください


商談中に話が脱線したとき、否定形から入ると、どうしても相手の方の心証を悪くしてしまいます。そこでひとつのテクニックとして、「そうですね」と相手の話を一度は肯定したうえで、「ところで」と話を切り返しながら本題に戻すようにするのがベストな方法ではないかと考えています。

田中裕輔の名言|商談中に話が脱線したときの対処法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ