大川隆法の名言|人間に、乗り越えられないものはありません

人間に、乗り越えられないものはありません。智慧を絞って、乗り越えるべきものは乗り越えなくてはなりません。

大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

余裕がある人は、問題を突き詰めずに先送りしてしまう。我々のように後ろがないと、先送りすると崖から落ちてしまいます。だから必死です。ひたすらお客さんに受け入れられる提案をし続けるだけなのです。

あなたの友とは誰か。逆境があなたを飲み込んでいる時こそ、真の友を数える最良の時である。

直観に重きを置くリサーチ手法は、マーケティング分野にも部分的に浸透しつつある。コンシューマーインサイトをとらえるという話や、オブザベーション(参与観察)、あるいはビジネスエスノグラフィーと呼ばれるようなものだ。いずれも、相手を調べることを本来的な目的とはせず、自分が気づいてしまったことに注目し、そこからアイデアを広げていく方法だろう。

世の中にはいろいろな楽しみがありますが「一番面白い」と思ったのは仕事です。仕事は頭も使うし、リスクや失敗もある。エキサイティングです。私にとって仕事は、ほかの趣味よりずっと面白いもの。

我々は誤りに陥る。間違いを犯し、自尊心、権力、ときには邪悪の誘惑に屈する。最も善意を持った人々も、目の前の悪をただすことができないときはある。

起業のチャンスはいろいろなところに転がっています。やってみないとわからない。

自分が現場にいなくても回る仕組みをつくっていたとしても、経営者が病気で会社から離れるのはトラブルのもと。最悪の場合、会社そのものが傾きかねません。健康も一つの資産と考えて、しっかり管理すべきでしょう。

きれいごとを言っているように聞こえるかもしれませんが、目先の損得を考えないほうが、結果的に仕事はうまくいくし、楽しく生きられます。移り変わる人の心にいつも素直に応え、機嫌よく一日一日を生きていく。その手本になっているのは、番傘つくり職人の父親です。

主人の所へ御出仕申し上げるときは無論のことだが、その他の場合、あるいは少々の用事があって今日は出仕せず宿所にいるのだがと思っても、とにかく髪を早く結わなくてはならぬ。ふしだらな格好をして人の面前へ出ることは、不作法で嗜みのない態度といわなくてはならない。もしもそのように、わが身に油断がちであるならば、使用している召使いまでがすぐにそれを見習って、他家の人たちが訪問してきた場合など、一家中でうろたえ騒いで、非常に見苦しいものである。

企業としても若輩者であるからこそ、こうした環境激変の時代に対しても素早く変化対応ができる。歴史の長い伝統企業ですと、組織が硬直化し、過去のしがらみから呪縛されているようなところもあるかもしれません。しかし、当社はそれがありませんから変化に素早く対応できる。それが結果的に良い方向に出ている。

公私の区別はきちんとつけました。原稿を書くのは退社後と土日の休日のみ。職場で原稿を書くことは一度たりともありません。職場では仕事に全力投球しました。この点はビジネスマンと作家の生活を両立させるキーポイントです。

一人でも社員がやる気を失って創造力が落ちると、企業の成長は行き詰まります。

企業の永続的発展を見据えるとき、事業の規模、中身だけではなく、組織もそれに見合ったものでなければいけない。

ページの先頭へ