大川隆法の名言|人間は生まれつき、「役に立ちたい」という気持ちを持っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間がこの世に生まれてきたのは、仕事をするためなのです。しかも、仕事とは、「世のため、人のため」に役立つものです。人間は生まれつき、「役に立ちたい」という気持ちを持っているのです。


大川隆法 の経歴

大川隆法、おおかわ・りゅうほう。日本の宗教家。「幸福の科学」創始者。徳島県出身。東京大学法学部卒業後、総合商社「トーメン」を経て幸福の科学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

電子版の購読者数は急速に増えており、今や紙と合わせた全有料購読者数は約60万2000人と、創刊以来の過去最高を記録している。しかも、今年は購読料収入が広告収入を上回る見込みだ。これは我々のコンテンツに対して読者が喜んでお金を支払ってくれるという表れだ。だから将来を楽観視している。

芸能人にブログを書いてもらうとき、記事には一切お金は払ってないです。うちのサービスを使ってほしい、書くことについてお金は払えないけど、そのかわりに、商売を一緒につくりましょうと芸能事務所に持ちかけました。たとえばタレントさんのブログの空いたスペースを広告枠にして、その広告の売上を折半する。そこの営業活動を結構頑張ったので、徐々に信頼してもらえるようになって、使ってもらえるようになりました。

精度の高い情報を効率よく収集するには、専門家と仲良くなることが重要。やはり、その道の専門家が一番詳しい。ですから、その人に聞くのが一番早く正確。

自分の時間を有意義に使いたいのであれば、リングに上がって自ら戦うこと。そうでないと、一生をブツブツ文句を言うだけで終えることになります。これ以上にムダな時間の使い方はありません。

ロジックエラーがなくても、最終的に納得してもらえるかどうかは、相手に感情的に受け入れられるかどうかで決まります。相手に受け入れられやすい比喩やデータを使うことで説得力は高められます。

アイデアを出さなくてはいけないとき、ただ考えるだけでは良い案は浮かびません。頭の中のものをとにかく書きだしてみましょう。自由に、ランダムに書きだしていくのがコツです。それを客観的に見ることで、次第に頭の中が整理されます。優先順位が把握でき、新たな発想も湧いてきます。

仕事は「初動」と「プロセス」と「結論」の3段階に分けられます。できる人は、どの段階においても連絡義務を怠りません。解答に時間がかかる場合は、「いついつまでに返事します」と連絡するのです。仕事は共同作業という意識を持っているからこそ、相手に不安を与えない仕事運びを心がけるのです。この意識があるかないかで、クレームやトラブルの発生件数に大きな差が出ます。

ページの先頭へ