藤田田の名言|世界の流れを考えて計画する

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を計画した時もそのプランの背後に、日本の流れと、世界の流れというものを考えてひとつの結論を出して事業をやらなければいけない。


藤田田 の経歴

藤田田、ふじた・でん。日本の経営者。日本マクドナルド創業者。東京大学法学部在学中に貿易会社藤田商店を創立。宝石やそのほかの物品を輸入販売し大きな利益を生む。その後、日本マクドナルドを創業。12年で外食産業売上高日本一を達成。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何事も好調な時にニコニコしているのは当たり前。うまくいっていない時こそ、笑顔で乗り切れるかどうかにその人の真価が問われる。

現場のリーダーも自らのビジョンをもって、現場を率いていくことが理想的なのかもしれない。だが、組織である以上、現場のリーダーが自分のビジョンをもって、自律的に仕事を進めることはほとんどない。どんなに自立的といっても、結局はある枠組みの中での自立である。現場のリーダーがやるべきことは、戦略を無から生み出すことではなく、上から下りてきた戦略や方針に、現場に合わせた意味を付けることなのである。

トラブルを未然に回避する言葉の引き出しを増やすには、年齢や生活など、あえて自分とは異なったタイプの人と積極的に交流することです。何を考えているのか予測がつきにくい人と接することで、「どんな言葉で怒るのか」「どのセリフでリカバーできるのか」といったことが肌で学べます。

超一流の仕事といえるのは、つまるところ、自分の仕事や人生にどこまできちんと向き合えたかじゃないでしょうか。

今安いと言うことは、評価されていないということです。そんな会社の株を買うと言ったら「なにを言っているんだ」と言われます。つまり、不納得なんです。みんなが納得する企業の株価は既に高い。誰も評価しない株を買っておくからこそ、投資収益を出せるのです。これは短期投資家にはできない芸当です。

社長になりたいと思ったことはこのれまで一度もありません。ただ、自分たちのサービスがどこまでいけるかは見てみたい。

仕事がうまく行き、稼げるようになると、回りも社長をちやほやし、気持ちが満たされてしまう。そんなときが一番危ない。

ページの先頭へ