土光敏夫の名言|できることから順繰りに

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は急がんからね。できることから順繰りにやるよ。
【覚え書き|経団連会長就任時の発言】


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当に売れる人になってくると、頭の中に膨大な量の在庫数が全部入っています。お客様の対話でほんの一瞬に、過去の自分の経験値に基づいて的確なご提案ができます。

突出した成果を上げた人は、出る杭は打たれると言われるように周囲から目をつけられます。そんなときは揚げ足取りに注意。対応が面倒ですが、それは突出した結果を出した者の宿命として、つき合わざるを得ないと思った方がいい。揚げ足を取られてイライラしたり、キレてしまったりするようでは、ビジネスパーソンとして甘いと考えてください。

「自分にはツールがない。ツールを身につけないと大変なことになるぞ」これが、私が入社して最初に痛感したことです。それなりに自信もありましたが、実際に入社してみると、朝から晩まで失敗の連続です。書類の清書を任されると、自分ではちゃんと書いたつもりなのに、いくつもミスが見つかる。英語の議事録を書けば、こんなものは使えないと投げ返される。海外の取引先宛の社長のレターを私が清書したら、投函したあとにカンマとピリオドが間違っていたことが発覚し、羽田空港まで運ばれていたレターを取り返しに行ったこともありました。

暖簾を守るのではなく、常に挑戦し続けることで伝統は一緒に付いて来る。

お客様のメリットを追求することで、製品の機能が高まります。我々は無償でバージョンアップしますから、お客様も遠慮せずに要望を寄せてきます。それも強みです。

ある台湾の中小企業の社長にこう言われたことがあります。「日本企業は自分たちのやる仕事はここまでだと、自ら境界線・限界線を引いて、その内側にとどまろうとする。台湾は小さな島だけれど、常に境界線・限界線を越えたところに新しい仕事を探している。そうすれば、仕事はいくらでもある」と。この言葉はまさに仕事の本質を突いています。台湾企業が元気なのは、この前向きの姿勢があるからでしょう。

リーダーになる人間は組織の中で時間をかけて育てていくものですが、リーダーの条件には大きく分けて3つあると思います。第一は「創造する企画立案能力」。第二は「計画する着想・方向性決定能力」で、参謀力と言ってもいいでしょう。第三は「遂行する統率・実行の能力」で、人の気持ちを良くわかり、多くの人たちの心を掌握する能力です。

ページの先頭へ