土光敏夫の名言|進歩しながら、前進しながら、安定した経済世界をつくるということが目的

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも「経済」なんてものは、辞書で引くと「経国済民」でしょ。これを忘れちゃいけませんよ。進歩しながら、前進しながら、安定した経済世界をつくるということが目的ですから。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社で一番面白い仕事ができるのはトップです。とくに大企業は、偉くならないと本当に面白い仕事はできません。

企業を大きく成長させるには、必要なときにビジネスを加速できなければいけない。シリコンバレーにはキャッシュフローが赤字の会社でも、事業拡大の可能性を評価して、積極的に出資する投資家がいる。

優しさと厳しさを組み合わせて指導し、従業員の力をうまく引き出すことが必要です。それがお客様の満足度を高めることにつながり、当社の企業価値を上げることにもなります。

勉強は3時間連続で学習するより、60分を3回に分けた方が効率がよく、記憶の定着もよくなります。

伊那食品工業でも、今より会社の規模が小さく、お金もなく、人員に余裕がなかった時期に、研究開発部門を設けて数人の社員を配置しました。その後、いつでも全社員の10パーセントの人員をそこにあてることにしてきました。これは寒天業界の見通しが明るくなかったため、危機感を抱いて始めたことではあります。しかし結果的に、寒天を原料とするさまざまなオリジナル商品を開発してきたことによって、当社は業界でナンバーワンの存在になれました。新しいマーケットを創出し、同業他社と競合することなく売上を伸ばし続けることができたのです。

営業マンがいきなり「この商品を欲しいですか?」と尋ねたらお客に警戒されるように、相手のことを質問する際は、相手が答えやすい順序で聞いていかなくてはいけません。コツは「過去→現在→未来」の順で聞いていくこと。「この商品はご存知でしたか?」は過去に関する質問で、これは答えやすい。「いまもご利用ですか?」という現在に関する質問に関して、「いまは使っていない」という答えが返ってきたら、「値段が高い」「品質が悪い」など、「使っていない理由」を聞きましょう。そうして、不満や問題点を明らかにし、それに合わせた説明をすることで初めて、相手に伝わる説明になるのです。

本や雑誌、インターネットで目にした言葉、人との会話で得た言葉を自分なりに解釈して自分の中に蓄えておくことが重要です。そうした言葉は、なにも難解な表現である必要はありません。平易な言葉であっても、意味や語感、字面、響などがしっくりくるのなら、進んで好きになって、血肉化していけばいいのです。

感謝しようなどと大上段に構えなくとも、小さなことでも「ありがとう」と声をかけ合うことで一体感が生まれれば、自ずと感謝する心が生まれ、それがさらなる一体感につながる。

人生は思い通りにはいかない。挫折や失望は誰しも味わうし、どこにでもある。そこで諦めてはいけない。生きていればいいこともあるし、逆転もある。

選んだ研究は難しいだけに、たまに問題が解けるとうれしいんです。でも、ほとんど解けなかったから、当時の私は暗かったですね……。一年間で365日あるうち、だいたい360日ぐらいは暗いんです。でも、一年のうちでたった数日ほどは、太陽の日が射すように思える日があった。その感激と言ったら潜水艦が深海から急に浮上していくみたいなところがあった。そういう感覚がなければ研究者って長くはやっていけないのではないでしょうか。

ページの先頭へ