孫正義の名言|革命期には、命を投げ出してでも新しいパラダイムを切り拓いていかなければ、先頭を切るのは難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

革命期には、命を投げ出してでも新しいパラダイムを切り拓いていかなければ、先頭を切るのは難しい。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事で重要なのは完璧さより鮮度。どんなに時間をかけても完璧などあり得ないし、時間の経過とともに世の中が変わり、顧客のニーズも刻々と変化していく。だから、多少改善の余地が残っていたとしても、「求められているタイミング」に「その時点で最高のもの」を出すのが正解。

最近気になるのが、「短文化」「ダイジェスト化」の傾向です。SNSの発展で、とくに若い人が短い文章しか読まない、いや、読めなくなっているのです。情報は、ダイジェストだけを見てわかった気になるのが一番怖い。大事なのは、行間を読むことです。ある情報に接したら、「なぜそうなの?」と「それは何の意味があるの?」をどんどん深掘りしていく。原典や引用元の資料を辿ったり、関連する本を読んでみる。こうすることでやっとその情報の持つ意味が見えてくるのです。

英国は不動産と金融が生み出す薄っぺらで不安定な富に依存しすぎている。だが、そこに終止符を打てるはずだ。かつて、何がこの国に富をもたらしたのか。それを忘れた紳士気取りの俗物根性を叩きなおすべきだ。

一番欲しいもの以外を選ぶなら、お金が貯まるまで我慢した方がいい。

映画の現場では怒鳴り声が聞こえがちですけど、二作目の『ワンダフルライフ』のときには「怒鳴るのは禁止」にしました。無名の子供、おじいちゃん、おばあちゃんというような一般の人たちにも映画の中で自然に話してもらわなきゃいけなかったので、現場でスタッフの怒鳴り声が聞こえてきたら、彼らは萎縮してしまいますから。

組織の活性化には、マニュアルではなく、自由な風土で、やる気のある人が伸びる環境が必要。

「商品の仕様」「価格」「顧客の存在」「商品供給環境」及び「競合」は、切っても切れない事業成功の最低条件である。

ページの先頭へ