佐治信忠の名言|当たり前のことを当たり前にやることが一番難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

当たり前のことを当たり前にやることが一番難しい。


佐治信忠 の経歴

佐治信忠、さじ・のぶただ。日本の経営者。「サントリー」4代目社長。慶應義塾大学経済学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了。ソニー商事を経てサントリーに入社。副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本洋酒酒造組合理事長、日本ワイナリー協会会長、総合デザイナー協会理事長、ビール酒造組合会長代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく思っている人や評価している人は、あまりそれを言葉に出さない。人は悪口をいうときのほうが声高になるもの。

水に物を落としたときにできる波紋は、大阪より東京のほうが大きい。人生一回きりですから、同じ時間を投資して大きな勝負をするなら、やはり東京だろうと思って一人で出てきました。

面倒ですが、厄介な後輩を根気よく育てるのは、自分が成長するチャンスでもある。先輩や上司として「初心者」のうちは、戸惑ったり悩んだりするのは仕方ない。大人の試練だと思って踏ん張りたいところ。

リーダーは「胆力」「行動力」「創造性」「論理性」この4つの道具をもって前に進んでいくべきなのではないかと思っています。

今の部署で貢献しないと、次はない。人の3倍勉強して、仕事をして、周囲に貢献し、「この部署では学び尽くした。卒業だ」と言われるまでやろう。

先を見据えることも大事かもしれませんが、目の前のことをひとつひとつやっていくことで見えてくるものもあると思います。

ファッション業界では常識になっている「100のアイテムの中で、いくつかヒットが出て、全体として利益が出れば良い」という発想は、当社にはありません。良いモノだけを売って、その中に一瞬で売り切れた商品があっても再生産はしないのです。

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ぬとも 留置きまし大和魂

海外市場への興味や期待はもちろんあります。ですが、年間に新築供給として賃貸で約40万戸、持ち家では約70万戸という大きな市場が足元にある。その身近な市場を攻略しないというのは実にもったいない話です。住宅を建てるだけならば、海外に魅力的な市場があることも確かでしょう。しかし、当社は建てたあとのオーナー様との継続的な取引に重点を置いていますから、その辺の考え方、事業フィールドの捉え方が他社と少々異なっています。

理論よりも、やはり実行。これが先に出て、理論というものは後からでもいい。

ページの先頭へ